ダリブロ 安田理央Blog

フリーライター安田理央のBlogです。

駅弁大会

2020年京王駅弁大会 個人的ベスト3

はい、「第55回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」無事終了いたしました。 前年もいまひとつテンションが上がらないと書いたんですが、今年は昨年以上にテンション上がらなかったんですよねぇ。年齢のせいでしょうか。今大会で購入した駅弁は以下の通り。 …

うなぎとあなごのごはん(1800円/京都府/C-3)

さて、第55回京王駅弁大会も本日で終了。最後を飾るシメの駅弁を何にするか。悩んだ末に選んだのは京都の「うなぎとあなごのごはん」です。 うなぎとあなごは、蒸さないで焼く関西風ということで、関東のものに比べると、やや歯ごたえがある感じですが、それ…

岡山名物デミカツ丼(1100円/岡山県/B-6)

駅弁には、器物と言われるジャンルがあります。器に入っていて、食べ終わった後にもその器が使えるものなんですが、代表的なところだと、「有田焼カレー」でしょうか。あの有田焼の器は、立派で実用性高いんですよね。 個人的には鬼太郎丼の丼が好きで、5個…

源 令和のかがやき(1300円/富山県/B-5)

ロマ弁二弁目は「源 令和のかがやき」です。ロマ弁は、いつもみんなが美味しい日本酒を持ってきてくれるので、どうしても日本酒に合う駅弁、すなわち魚介系の駅弁を食べたくなります。 そこで選んだのが、あの有名駅弁「ますのすし」、そして「ぶりかまめし…

ながさき鯨カツとステーキ弁当(1404円/長崎県/A-5)

毎年恒例のロマ弁(駅弁大会仲間とロマンスカーに乗って駅弁を食う日帰り旅行)でした。このロマ弁にどんな駅弁を持っていくのかは、いつも悩むわけです。ロマンスカーの中では当然、飲むわけで酒に合うものにしたい。 そこでまず選んだのが、「ながさき鯨カ…

かなやのかにめし(1180円/北海道/A-3)

野獣のリリアンのメンバーであるスギヤマ君(北海道出身)が、狂ったようにハマっている「かなやのかにめし」。だって彼、今大会が始まっってから毎日毎日、のべ十数食もこれを食べているんですよ! 実はワタシも14年前に食べてまして、その時は「単なるノス…

二種のお揚げのきつね寿司(800円/京都府/A-0)

京都といえばお揚げということで、普通のお揚げと黒糖のお揚げを格子状に並べた押し寿司。「あきた男鹿しょっつる塩やきそば」のパケが「クリムゾンキングの宮殿」ならば、こちらの弁面は、マニュエル・ゲッチングの「E2-E4 」というところでしょうか(笑)…

あきた男鹿しょっつる塩やきそば(780円/秋田県/A-0)

パッケージというものも、駅弁の楽しみでもあるわけですが、この強烈なインパクトは、今大会開幕すぐに駅弁仲間の間でも話題となりました。 秋田の男鹿の駅弁ということで、なまはげの顔がドーンと! 男鹿はなまはげの里として有名な町ということなんですが…

牛肉どまん中(1250円/山形県/B-3)

前日に、ぶりかまめし、ほっかぶり寿司、氏家かきめしと、定番駅弁を食べて、「あー、やっぱり定番って美味いよなぁ。美味いから定番なんだよなぁ」と改めて思ったわけです。いや、実はね、なんか今年は個人的に、今ひとつ盛り上がりに欠けてるんですよね。…

氏家かきめし 訳あり版(1080円/北海道/A-7)

京王駅弁大会の常連であり、日本を代表する駅弁のひとつである厚岸駅の「氏家かきめし」。 美味しいのはわかってるんですが、もう何度も食べているからなぁ、というので、いつもついスルーしてしまうんですよね。 でも、ちょっとブースを覗いてみたら「訳あ…

ずわい華御膳(1680円/北海道/B-3)

気がついたら、もう前半戦最終日じゃないですか。ほっかぶり寿司も、ぶりかまの実演も終わっちゃうじゃないですか。そして最終日は5時までじゃないですか。 これはいけないと、仕事の合間に本日二度目の参戦。 せっかくなので、今日は家族の夕飯にしようと…

トンかつ菜の花弁当(850円/千葉県/A-0)

開催前、チラシ未掲載ながらも、駅弁リストでのチェックにより、その存在が明らかになって、一部で話題を呼んでいた「トンかつ菜の花弁当」。なにしろ、地味弁界のアイドル「菜の花弁当」と、2018年に登場し、その強力なまでのシンプルな迫力で衝撃を与えた…

鯖威張る弁当(648円/千葉県/D-1)

今回のチラシを初めて見た時に、一番気になったのがこの「鯖威張る弁当」です。「鯖の水煮缶を使った炊き込みご飯に、鯖の塩焼きをのせた鯖つくし」鯖の水煮缶って! そして鯖以外は大根さくら漬とのみ。正に鯖だけで勝負という潔さ。そして648円という駅弁…

小名浜ウニピラフ(1380円/福島県/A-6)

休日は混むので、行く時は並ばないで買えるものをサッと購入して離脱します。並んでない駅弁にもいいものがいっぱいあるんですよ。 今日は、列が出来ていなかった「小名浜ウニピラフ」をチョイス。「ウニの旨味をたっぷりのご飯に、いわき郷土料理うに貝焼き…

ビビンバ牛肉どまん中(1500円/山形県/B-3)

2016年は醤油、しお、みその三味、そして2019年はそこにカレーを加えた四味と、味の詰め合わせを増やしたバージョンを発表してきた牛肉どまん中の新作は、五味! ではなくて、なんとビビンバを加えた形で攻めてきましたよ。それが「ビビンバ牛肉どまん中」、…

神戸麻婆すきやき弁当(1000円/兵庫県/A-0)

はい、二日目です 10時半少し前の段階で、輸送駅弁ブースへの行列は階段のところまで伸びてました。そして、ようやくブースに入れたかと思うと大混雑で、ゆっくりチェックも出来ない状況。輸送は人気ですねぇ。なので、事前に目をつけていた駅弁を一個サッと…

釧祥館ちらし(1680円/北海道/B-3)

あけましておめでとうございます。あっという間に2020年代です。 このブログも改題前の「安田理央の恥ずかしいBlog」から数えると16年目、日記鯖(懐かしい!)でやっていた前身の「安田理央の恥ずかしいコラム」から数えると19年目ですよ。更新ペースが遅い…

京王駅弁大会 (個人的)ベスト3の記録 2005~2019

このブログに駅弁大会について細かく書くようになったのは2005年から。つまり僕が熱心に駅弁大会に通うようになって今年で15年目なんですね。それまでも会期中は何回か通うくらいには好きだったんですが、2005年からどっぷりハマったと。でも、2005年の段階…

2019年京王駅弁大会 個人的ベスト3

はい、「第54回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」無事終了いたしました。 正直言って、今年はなんとなくテンションが上がらなかったんですよね。ラインナップのどこがどう悪いということはないんですが、いまひとつ燃えない。自分の気分の問題かなとも思っ…

蟹のドリア(1200円/石川県/B-5)

さて、京王駅弁大会も最終日。締めの駅弁を何にするかは毎年悩ましいところです。閉会3時間前の15時頃に行ったのですが、既に売り切れの実演駅弁もちらほら。輸送もスカスカになっていました。これは急がなければ! と、当初から気になっていたけれど、まだ…

たこやき御飯(1000円/大阪府/A-0)

これもずっと気になってた駅弁です。たこ焼きをおかずにご飯? 前にも「富士宮焼きそば弁当」なんてのもありましたし、関西ではたこ焼きやお好み焼でご飯を食べるのは当たり前らしいし、まぁ、それほど変な駅弁ではないのかもしれませんが、やっぱり食べてお…

平成最後のかつサンド(1200円/山梨県/B-6)

今年の大会で、駅弁仲間の間で密かな話題となっていたのが、この「平成最後のかつサンド」です。まぁ、名前からして、なんかちょっとひっかかりますよね、つまり今年だけの限定メニューということですよね。そして、名前に負けないルックスの強烈なインパク…

金沢金箔 海鮮ちらし弁当(1180円/石川県/A-0)

さてロマ弁では駅弁一個というのじゃ、ちょっともったいない。せっかくなので二弁は行きたい。ひとつは実演の「ながさき鯨カツトルコライス弁当」と決めたので、もうひとつは輸送で何か選びたい。トルコライスがカツ&ハンバーグなので、こっちは海鮮で行こ…

ながさき鯨カツトルコライス弁当(1300円/長崎県/A-5)

昨日は毎年恒例の「駅弁とゆくロマンスの旅」、通称ロマ弁でした。駅弁大会仲間とロマンスカーに乗って駅弁を食べるというイベント。だいたい箱根に向かって、かっぱ天国で温泉、もしくは足湯につかって、そのまま帰るわけです。あくまでもメインの目的はロ…

うまか!博多和牛めんたい弁当(1280円/福岡県/A-0)

「牡蠣あなご寿司」の時にも二大巨頭な弁当が好きだと書きましたが、これはちょっと変わった組み合わせ。なにしろ和牛と明太子ですよ。 醤油味で煮込んだ牛肉は駅弁の鉄板具材なわけですが、そこに明太子をまるまる一個乗っかっているのですよ。これは大胆だ…

味くらべ牛肉どまん中(1500円/山形県/B-3)

2016年に、醤油、塩、味噌の三味を出した「牛肉どまん中」が、今年はさらにカレー味を加えた、四味食べくらべバージョンで勝負に出た! まずは、左下の塩味から。続いて左上の味噌味、そして右上のカレー味、最後に右下の醤油味と時計まわりに順に食べていき…

台湾/日本 鶏めし味くらべ(980円/台湾/A-0)

はい。後半戦です。一部の実演が入れ替わりになります。気になる新規もあるんですが、そろそろ輸送も行っておくか、と輸送ブースを見に行くと、おお行列が。平日の10時半頃でしたが、階段の方まで列の伸びております。でも、よく見ると、あれ? それは「食べ…

薩摩牛4%の奇跡 牛肉弁当(1500円/鹿児島県/C-3)

「新作ブランド牛肉対決」から「薩摩牛4%の奇跡 牛肉弁当」行ってみました。 品評会歴代受賞者の中から選抜された生産者が育てた黒毛和種、A5等級・BMS10番以上を最低条件とした超プレミアム最高級の牛肉、それが「4%の奇跡」! その「4%の奇跡」を使い、…

ゴジラ対ひっぱりだこ飯(1300円/兵庫県/A-4)

今年の大会のチラシを手にした時に、最も目を引いたのがこれでした。「ゴジラ対ひっぱりだこ飯」。いや、だって意味がわかりませんよ。なんでゴジラとひっぱりだこ飯が対決するんですか。ひっぱりだこって、そんなに巨大だったんですか。 ひっぱりだこ飯は、…

牡蠣あなご寿司(1300円/広島県/B-6)

「新作海鮮弁当対決」から広島県広島駅の「牡蠣あなご寿司」行ってみました。だって、牡蠣も好きだし穴子も好きなんですよ。バンドだって、ワンマンバンドよりも、ポールがいてジョンがいて、とか、ブライアンがいてマイクがいて、とか細野がいて大滝がいて…

Amazon 【最大70%OFF】ミュージックセール