読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダリブロ 安田理央Blog

フリーライター安田理央のBlogです。

「日本初のニューハーフAV」出演者からのお手紙

毎度ながら、すっかり更新サボっちゃっててすいませんです。 先日、美郷りらさんという方からお手紙をいただきました。なんと以前に書いた「日本初のニューハーフAVを発見する」で紹介した「華麗なるゲイの世界を彩るドラマ リラ」の主演の「リラ」さんな…

アダルトVRが成功するためには

デラべっぴんRから、「この間のジャパン・アダルト・エキスポ(JAE)でアダルトVR試用したんでしょ。それについて書いてよ」と言われたんですが、悩みました。その前にも「アダルトVRエキスポ」も見に行ったり、他でもちょこちょこ試してはいるんですが、…

戸田真琴デビュー作と、処女でAVに出演するということ

AV

戸田真琴をインタビューしたのは5月のこと。まだデビュー作のサンプルもあがっておらず、「処女でAVデビュー」という以外、前情報がない状態での取材だったが、大変可愛らしく、表情も豊かで、しかも頭の回転が早くて話も面白い女の子なので、いっぺんで…

日本初のニューハーフAVを発見する

拙著「痴女の誕生」の第五章「男の娘の時代」で、日本最初のシーメール(ニューハーフ)AVは1986年に映研から発売された「シーメール ちえみ」だと書きました。これは藤木TDCさんの著書「アダルトビデオ最尖端」(コアマガジン 現在は「ニッポンAV最…

【今月の自腹で買ったAV】花と狼 川上ゆう(アタッカーズ)

AV

団鬼六原作の映像作品には、いつも不満でした。映画やVシネマは数多く作られ、そのいくつかはヒットしていますが、どれも原作とはかけ離れたアレンジがなされたものばかり。杉本彩版の「花と蛇」なんて、登場人物の名前以外何一つ原作と関係ないじゃないで…

【今月の自腹で買ったAV】AVデビューで即引退。剃毛美少女 深田久美(宇宙企画)

AV

今、9年ぶりの書き下ろし単行本をコツコツと執筆中なのですが、その中で宇宙企画の黄金期について触れました。80年代後半のAV業界において、宇宙企画というのは絶対的な王者でした。当時の僕は宇宙企画のエースであったさいとうまこと監督のノスタルジッ…

「リアル一番くじ」引いてきました

3月25日に新宿TSUTAYAで行われた素人onlyプラムさんのイベント「リアル一番くじ」に行ってきました。今回が二回目となるこのイベント、1000円払ってくじを引くと、女優さんが色々なことをしてくれたり、色々なものをプレゼントしてくれたりするというもの。…

【今月の自腹で買ったAV】最愛の妻を義父に寝取られて… 涼川絢音(ヒビノ)

AV

インタビューしたり、イベントで会ったりして、すっかりファンになってしまったのが涼川絢音ちゃんです。 華奢で可憐なルックスなのに、時々博多弁が出ちゃうところとか、酒好き、おじさん好きといったあたりにグッと来ましたね。 定期的にやっている彼女の…

続おやじびでお 第17話 通販ビデオのマニアックな世界

現在、AVはセル(販売用)が中心となっていますが、ほんの10年ほど前まではAVは基本的にレンタルで、セルはインディーズと呼ばれ、あくまでもマニアックなものという扱いでした。 そして、さらにその前には通販ビデオと呼ばれた、本当にマニアックなAV…

続おやじびでお 第16話 歌うAV女優たち

恵比寿マスカッツが絶好調であります。CDもかなり売れてるみたいですし、一般コミック誌の表紙なんかも飾ったりして、彼女たちがAV女優だとは知らない*1若いコも多いという話も聞くようになりました。飯島愛を除けば、AV女優がメジャーな音楽シーンで…

続おやじびでお 第15話 SMがAVの主流だった時代

前回はSMモノを中心とした官能小説について書いたので、今回はSMのAVで行ってみましょうか。 日本最初のSMモノだと思われる作品は82年の1月にVIPエンタープライズ(後のVIP)が発売した「48時間の裸体」「死虐の宴」です。この2作品はVIP…

2015年1月に見た面白かったAV

AV

1月に見た22本のAVの中で、本当に面白かったなと思ったAV3本です。 「はじめてづくし」松岡ちな(SODクリエイト) デビュー作を昨年度の個人的ベストワン作品に選んだ松岡ちなちゃんの2作目。「いかにもAV」という感じの定番プレイに挑戦すると…

【今月の自腹で買ったAV】「性的虐待してください…。」舞園かりん(オーロラプロジェクト)

AV

AVライターという仕事をやっていると、なかなか自分ではAVを買わなくなります。レビューを書くためのAVは編集部からサンプルが送られてきますし、メーカーからも毎月大量に送られてきます。原稿の資料として自分で購入することもありますが、個人的な…

続おやじびでお 第12話 アダルトアニメとAVの関係

「くりいむレモン」とつぶやくだけで、甘酸っぱい気持ちになる40代も多いことと思います。今では珍しいことではありませんが、アニメの美少女キャラがエロい姿を見せてくれるなんて、あの当時はありえない衝撃でしたよね。 日本のアダルトアニメの歴史という…

続おやじびでお 第11話 AVの歴史は代々木忠の歴史

村西とおる、カンパニー松尾など有名なAV監督は何人もいますが、一般の人が名前を知った初めてのAV監督といったら、ヨヨチューこと代々木忠になるのではないでしょうか? 60年代に成人映画から*1そのキャリアをスタートさせた代々木監督は、81年に愛染恭…

続おやじびでお 第10話 AVの黒歴史ブラックパック

私がAVを見始めた1984年頃、レンタルビデオ店は今よりも、もっといかがわしいムードに包まれていました。一般向けビデオのコーナーでさえ、どこか怪しい感じがしてました。ましてや、AVコーナーなんていったら……。 そう、黎明期のAVって、非常にマニア…

安田理央が選ぶ2014年のAVベスト10

AV

2014年も、もうおしまい。僕も原稿を書く仕事は今日が最後です。ということで、今年見たAVの中で個人的なベスト作品を選んでみました。2012年にもやったんですが、去年はサボっちゃいましたね。今年見た新作AVは全部で224本。原稿にしてなかったり、全部…

さぁ、AVの話をしようじゃないか!

最近AVイベントの司会ばかりやっておりますが(実は本日もやります)、9月1日のイベントはかなり力が入っておりますよ。タイトルが「やれんのか?! オナフェス!」で、9月6日に行われる「オナフェス2014」というイベントの前夜祭という位置付けなんです…

「ブラックパックナイト」やります

直前の告知で申し訳ありません。今週の金曜日に、高円寺パンディットで「ブラックパックナイト」というイベントをやります。 80年代半ばに、一部で話題を呼んだAVの黒歴史「ブラックパック」。 その名の通り黒い紙の箱に包まれた怪しげなパッケージの無審…

続おやじびでお 第9話 平成風俗の栄華と衰退の巻

90年代の約10年間に「平成風俗ブーム」がありました。それまでのソープ、ファッションヘルス、ピンサロとは違った新しい風俗。具体的にはイメージクラブや性感マッサージ(美療系)、性感ヘルス*1といった業種の店が爆発的に増えたんですね。 そのきっかけと…

春原未来のこと、そして日本のAV女優の進化について考えたこと

AV

先日、レビューの仕事で「100人斬り ついでに30発も大量ゴックンしちゃいました! 春原未来」(アイデアポケット)という作品を見て、唸った。 人気企画単体女優である春原未来が、100人の男優を次々とフェラや本番で抜いていくという内容だ。確かにハードで…

続おやじびでお 第8話 AV雑誌ノスタルジアの巻

先日、「ベストビデオ」*1が休刊しました。1986年創刊で、25年の歴史でした。創刊号のグラビアは沙羅樹*2ですか。うーん、時代だなぁ。 ここ数年で「オレンジ通信」*3「ビデオメイトDX」*4と老舗がバタバタと倒れ、これでレンタル時代からのAV雑誌で、現…

小林電人監督の新しいBlog

僕がずっと制作のお手伝いをしている小林電人監督が新しいBlogを始めました。 今のところ、AV撮影の際に撮った画像などを毎日一枚ずつアップしているようです。 特に「貧乳」「大の字」「パイパン」などのテーマにこだわっている模様。羞恥専門 小林電人のBl…

明日! オールスターAV女優ニコ生祭!!vol.3 に出演します

早くも三回目になりました、新宿ロフトプラスワンでの「マークスグループPRESENTS これでもかっ!オールスターAV女優ニコ生祭!!」。今回も司会をやらせていただきます。マークスグループの人気女優が勢揃いするこのイベント、チケットはあっという間に完売し…

「ビデオ・ザ・ワールド」休刊に寄せて

「ビデオ・ザ・ワールド」(コアマガジン)が休刊しました。その話は昨年末から聞いてはいたのですが、本来なら8月号まで発売される予定だったといいます(その後、誌名だけ残して外部編集に引き継ぐ予定もあったらしい)。しかし、急遽この6月号で休刊と…

AV女優募集ムービー

モデル・プロダクション、マークス・グループの募集用PRムービーの制作をしました。出演は羽月希・有村千佳。そしてBGMはパリッコの「TOKYO LOVE MESSAGE」。 こういう仕事、大好きー。

パンチ監督の休業宣言でハメ撮りについて考えた

AV

「マジックミラー号」「ぱんちか」などでガチナンパにこだわってきたAV監督、パンチ氏がAV監督を休業(引退)宣言していました。感謝とご挨拶 http://www.panchka.com/page/news/2013/201302.htmlこれ、2月16日にアップされていたんですが、最近知りま…

古川いおり 熱烈な接吻、そして発情(セックス)・・・(SODクリエイト)

AV

新ブログ、ダリブロの方は激しく更新しておりますが、こっそりとこちらにも書いちゃいますよ。やっぱりエロネタ書きたいもんねぇ。 DMM誌の仕事で、古川いおりさんのインタビューをしてまいりました。その下準備として、現時点での最新作「古川いおり 熱…

安田理央が選ぶ2012年のAVベスト5

AV

さて、今年ももうおしまいということで、個人的なAVベスト作品を選んでみようと思います。実は今年はあんまり本数見てないんですよね……。前半は「AV30」の監修で旧作は死ぬほど見てたんですけど、新作は100本も見てないです。 そんな中で5本選んでみまし…

90年代初頭のAVに何が起こったのか?

こんなイベントをやります。 10/12(金)「90年代初頭のAVに何が起こったのか?」@ネイキッドロフト 出演:カンパニー松尾 バクシーシ山下 平野勝之 ゴールドマン 司会:安田理央 OPEN18:30/START19:30 前売¥2,000/当日¥2,500(共に飲食代別) 前売りチ…

AVの歴史関連のお仕事二つ

たまたまなんですが、このGWにAVの歴史についての原稿が二つ、同時期にアップされました。 ひとつはWEBスナイパーでの「ディス・イズ・ポルノ〜AV誕生30年をふり返って〜」。これはゴールデンウィーク企画の特集「セックス表現の現在形2012」の中のひとつ…

僕がカンパニー松尾を支持する理由(1995年)

「私が女優になった理由 クレージースペシャル」(ノアセレクト)はカンパニー松尾ファン、および映像に関心のあるすべての人間必見の1本だ。これはバクシーシ山下のプロデュースによるオムニバス形式のシリーズで、今回登場するのは、尾崎豊の 後追い自殺…

ニューウェーヴたち 平成のビザールSM(1994年)

90年代のボンデージ/SMビデオシーンのスターと言われて、まず頭に浮かぶのは ゴールドマンだろう。80年代末期に突然AV界へ登場し、次々と怪作を発表。これまでのアダルトビデオの文脈から全く切り離された表現で話題をふりまいた謎の怪人監督だ。ビニール…

「メーカー横断ベスト!!! カンパニー松尾8時間」予告編ムービー公開

AV302月リリース最大の目玉であります「メーカー横断ベスト!!! カンパニー松尾8時間」の予告編ムービーがYouTubeにアップされました。実は普通の予告編もあるんですが、こっちはヌード無しのYouTube向けバージョン。松尾さんにわざわざ作ってもらいまし…

AV女優人気投票 あなたが選ぶ30年オールタイムベスト女優

AV30関係の話題ばかりでスイマセン。でも今おれ、仕事の大半がAV30関係という状態なもので……。 DMM.R18のAV30コーナーで、「AV女優人気投票 あなたが選ぶ30年オールタイムベスト女優」という企画が始まりました。まぁ、よくあるAV女優の人気投票なわけです…

AV30予約開始!

僕が監修を担当しているアダルトビデオ30周年記念プロジェクト「AV30」の予約がいよいよ開始されました。 DMMでは特設ページも開設されました。http://www.dmm.co.jp/av30/ 僕も登場するプロモーション映像もアップされておりますのでぜひ御覧ください。1月7…

笠木忍「ハートがまっぷたつ」ビクターから正式配信開始!

先日、AV復帰を果たした我が心のナンバーワン女優、笠木忍さん。彼女の歌う「ハートがまっぷたつ」という曲が今日からビクター・エンターテイメントから配信されています。 これは2002年に彼女が出演した「放課後レズビアン しのぶのペニバン日記」(レイデ…

アダルトビデオ30周年記念プロジェクト「AV30」

昨日は「AV30 記者発表会」に出演して来ました。 「AV30」とはアダルトビデオ30周年を記念して、主要AVメーカーが集まり、ベスト盤をリリースしていこうというプロジェクトなんですね。 そして僕はその監修を担当しているのです。実はこの半年くらいこの仕事…

「絶滅寸前! 愛と涙のエロ本30年史!」(EX大衆11月号)

現在発売中の「EX大衆」11月号(双葉社)で、「絶滅寸前! 愛と涙のエロ本30年史!」という特集を手がけました。 80年代、90年代、00年代という30年間のエロ雑誌の歴史の中で、面白い企画や重要な雑誌などを紹介していくというものです。 ちなみにとりあげた…

「アダルトビデオ最尖端」(藤木TDC コアマガジン)

アダルトビデオ最尖端?身体と性欲の革命史?作者: 藤木 TDC出版社/メーカー: コアマガジン発売日: 2011/07/25メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 8人 クリック: 179回この商品を含むブログ (3件) を見る 小さいながらもエロライター界という業界があるわ…

続おやじびでお 第7話 アダルトCD-ROMは黒歴史?の巻

今回は時代をちょっと進めて90年代のお話。最近はブルーレイやら3Dやら、新しいフォーマットの話が出てきていますが、主流となったVHSとDVD以外にも、たくさんのメディアが登場しては消え、登場しては消えていきました。その中で比較的定着したのが9…

2011年1〜3月に見た面白かったAV

AV

では、引き続き今年の1月から3月までの間に見て、僕が本当に面白いと思ったAV4本です。 「ネコ タチ M女のラブホテル/亭主より女とできた妻/担任教師はレズ」 ヘンリー塚本監督作品はやっぱり外せないなぁ。見れば必ず感動してしまう。そして、いつも最…

2010年10〜12月に見た面白かったAV

AV

すっかり忘れてました。遅くなりましたが去年の10月から12月までの間に見て、僕が本当に面白いと思ったAV5本です。 「交わる体液、濃密セックス 七海なな」(エスワン) 南★波王監督のこのシリーズは本当にハズレなしで素晴らしいです。ロリ系のイメージ…

続おやじびでお 第6話 ロリコンはどんどん肩身が狭くなるよの巻

前回のテーマが熟女だったから、今回はその逆で、というわけではありませんが、日本のエロメディア史を語る上で避けて通れないのが、80年代前半のロリコンブームなのです。現在40代のおじさんの中には、思春期にこの洗礼を受けてしまった人が多いのではない…

続おやじびでお 第5話 fromおばちゃん To大人のいい女の巻

今やすっかりAVの中でも重要なジャンルとなった熟女ですが、こんな風に定着したのは、10年くらい前。30年に及ぶAVの歴史からすると、割りと最近の話なんです。 いや、熟女モノAV自体は昔からありましたよ。80年代末に安達かおる監督の「奥さん、いいじ…

カンパニー松尾「豊田道倫 映像集3」劇場上映

カンパニー松尾を5年間に渡って撮り続けてきた豊田道倫の映像集が一夜限りの劇場上映されます。 HMJM RECORDS presents 豊田道倫×カンパニー松尾×音楽×ドキュメント 今作『豊田道倫 映像集3 MOOSIC LAB version』はミュージシャン豊田道倫の2006年から2010…

「YOYOCHU SEXと代々木忠の世界」

代々木忠監督の半生を描いたドキュメンタリー映画「YOYOCHU SEXと代々木忠の世界」が来年の一月に公開されます。 代々木監督と言えば、81年からAVを撮り続け(それ以前にピンク映画は60年代から!)、現在もバリバリの現役というAV業界の生きる伝説。 僕…

続おやじびでお 第4話 とにかく毛がみたいんだ!の巻

日本のエロメディア界において最も重要な年となると、やはり1991年になるのではないでしょうか? 湾岸戦争が勃発し、ソビエト連邦が崩壊し、バブル経済がはじけたこの年、日本でも大きな事件がおきました。 ヘアヌード解禁です。20年前までの日本では陰毛を…

新人AV女優のデビュー作を全編無料公開

AV

WAAPが新人専属女優、片岡まきなのデビュー作を無料公開します。しかもサンプルではなく、作品全部を毎日ワンコーナーづつ公開するという太っ腹。WAAPは7月にも早坂あずきのデビュー作を全編無料公開してますから、その時に手応えを感じたということでしょ…

新アップルTVの発表でAVの今後が不安になる

新アップルTVよさそうですね。8,800円という値段も驚異的だし、iTunesとの連携が出来たり、YouTubeが見られたりってのも嬉しい。音楽配信、電子書籍、動画とアップルが主導権を握っていくんでしょうかね。 しかし、そうなると気になるのがエロコンテンツの…

Amazon 【最大70%OFF】ミュージックセール