読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダリブロ 安田理央Blog

フリーライター安田理央のBlogです。

JR東日本ポケモン・スタンプラリー2005

子供とお出かけ

今年もやってまいりました「JR東日本ポケモン・スタンプラリー」 。もはや夏の風物詩ですな。駅であのパンフレット持って走りまわっている子供たちを見ると、「ああ、夏だなぁ」という気分になります。
…なんて他人事のように言ってられませんよ。今年は僕が子供たちとスタンプラリーに挑戦することになったのでした。ムスメは去年もやったんですけど、妻が連れて行ったんですよね。なので、僕は今年が初挑戦。
簡単に説明しますと、JR東日本の97の駅に合計100種類のポケモンのスタンプが設置されていて、専用パンフレットにスタンプを7種類集めると、賞品がもらえるというシステムでございます。そうか、7つの駅を回ればいいのか、なんて思ってたんですよ、最初は…。スタンプ設置駅一覧を見ながら、ムスメとムスコと作戦会議。
「やっぱりピカチュー(日暮里)は外せないでしょ」「絶対ルカリオ(赤羽)は欲しい!」「ミュウ信濃町)とラッキー(四谷)とプリン(市ヶ谷)は並んでるから、いいでしょ」「ねぇ、ルキアは?」「ルキアは…羽田空港第二ビル? それは勘弁してくれ〜」
なんとか7つ決めて、スタートですよ。まずは池袋から山の手線に乗り、目白でピチュー、高田馬場でユキワラシをゲット。びっくりするほどたくさんの子供たちがスタンプ台の前に並んでいます。ん? よく見ると、ほとんどの子がパンフレットじゃなくて専用のスタンプ帳を持ってるぞ。スタンプ台の横に立っている駅員さんに聞いてみると、スタンプ帳はパンフレットに7つ集めたらもらえるとのこと。スタンプラリーって、昨日スタートしたばかりなのに、もうクリアしてるんですか、みなさん。いや、どうも、このスタンプラリー、7つ集めるのは、いわば予選みたいなもんで、実際はスタンプ帳に百個集めるのが本当の戦いのようじゃないですか。うへぇ。いや、ま、百個は無理でも、スタンプ帳は欲しいよねぇ。よし、作戦変更だ。とりあえず近場で七つ集めて、スタンプ帳をもらい、それからまた回ろう。

ということで、最初は予定になかった新大久保のオオスバメをゲットし、そこから大久保まで歩いて中央線に乗り換え。おっともちろん大久保ではナゾノクサもゲットですよ。続いて東中野でジグザグマ。んー、電車空いてて座れたから、三鷹まで行っちゃうか。ムスコの大好きなカイオーガだし。と思って三鷹で降りようとしたら、改札でひっかかりました。スタンプラリーには欠かせない都区内フリーパス(730円)が、東京23区までだというんですよ。ええ〜っ。かなりのポケモンが23区外なんですけどー。スタンプ台はみんな改札の外だから、まともに進めたらすげえ運賃かかるじゃないですか。商売上手だよね、JR。でもケチなワタクシは、グズる子供をお菓子でごまかしてカイオーガをあきらめさせ、区内の西荻窪まで戻ります。ね、お前らの好きなプラスルだよ。可愛いもんね、プラスル。んで、阿佐ヶ谷(ウソッキー)高円寺(ゴース)と来て、無事7つ集まりました(実際は8コだけど、ムスコは高田馬場で好きではないユキワラシを押さなかった。)。ターミナル駅の新宿に行ってオーキド博士のスタンプを押してもらって、とりあえずクリア。オリジナルポケモンレジャーシートとスタンプ帳をもらいましたよ。ここまでで所要時間は約2時間。電車に乗ったり降りたり、暑かったりクーラー効いてたりで、お父さん、かなりヘトヘトです。でも、戦いはまだまだこれかららしいです。ロッテリアにて昼食。今後の作戦を練ります。

「まず中央線でミュウ信濃町)とラッキー(四谷)とプリン(市ヶ谷)アゲハント(飯田橋)、それからチリーン(秋葉原)で乗り換えてゼニガメ(御徒町)は、外せない! あともちろんピカチュウ(日暮里)も!」
「僕、ルカリオ(赤羽)!」
「やっぱり赤羽いくのね(涙)。じゃあ、京浜東北線で赤羽まで行って、今日は終わりだな」

これからの戦いを思うと、クラクラしてきますね。んで午後の戦いがスタート。信濃町、四谷、市ヶ谷、飯田橋と快調に飛ばしてきたのですが、どーも、ムスメの調子が変。「お昼食べ過ぎて、お腹が重い」なんて言ってます。「ちょっと休めば直るよ」とも言うのですが、どうやらバテてきたようです。これ幸い(?)と本日の作戦終了を告げます。「ルカリオは?」とグズるムスコには「また別の日に来るから」と言って誤魔化しました。ま、ムスコもバテてたようで、帰りの電車では二人とも熟睡でしたよ。

いやぁ、しかし、大変ですよ、スタンプラリー。100個コンプリートしちゃう子、結構いるんだろうなぁ。しかし、今回は奇数日と偶数日でスタンプが変わる駅なんてのあるし、先述の通りにフリーパス外の駅も多いしで、コンプリートはかなり大変そうですよ。

ま、親子のコミュニケーションという面では、けっこういい感じなんですけどね。さて、本当にまた出陣しないといけないのかなー。いけないですよね(泣)。

Amazon 【最大70%OFF】ミュージックセール