読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダリブロ 安田理央Blog

フリーライター安田理央のBlogです。

ススキノ「プッシーキャット」閉店!

風俗

 札幌に行くという知人がいたので、ならば「プッシーキャット」に行くべきでしょう! と教えてあげようとサイトをみたら、なんと閉店するとの告知が!

23年間営業してまいりました、プッシーキャットファイナル公演 3月3日から4月8日まで 毎日お別れパーティー開催致します。
この営業をもちまして、お店の営業に幕を下ろすことになりますが
最後まで応援よろしくお願いします。

えええええええ!
いやね、僕は2003年に日本一周風俗の旅をしたんですが、その時に一番印象深いといいますか、感動したお店がこのススキノの「プッシーキャット」だったんですね。基本的にはエッチなショーと個室ヘルスの複合店で、大音量の音楽と能天気なアナウンスにのって脱ぎまくり踊りまくる女の子たちを楽しみ、そしてその後は個室で抜いてもらうというシステム。ショーを見るだけでもOK。いや、このショーが実に素晴らしかったんですね。
拙著「日本縦断フーゾクの旅」(二見書房刊)から、引用してみましょう。

「手は気をつけで、女の子には触らないようにお願いいたします。動かしていいのはおちんこだけ、おちんこだけ。はーい、ソレ、ソレ、ソレソレソレソレッ」
掛け声にあわせて、女の子が上下左右に腰を振る。ステージに丸太のようにズラリと並んで仰向けになっている客たちは、嬉しそうに頭上を見上げている。
 ああ、バカだ。男はバカだ。アナウンスは、やたらめったらに「おちんこ」「おまんちょ」を繰り返し店内のバカ濃度を上げていく。この店のムードに流されて、どんどんスケベバカになっていく自分がわかる。僕もステージで仰向けになり、頭上でパカパカと開く女陰を眺める。なんだか嬉しくてたまらない。

もうね、誰でも単なるバカでエッチな男になれる空間なんですよ! あれは感動したなぁ。

調べてみると、どうやら今年の一月に摘発されていたらしいんですね。

札幌・ステージ上でわいせつ行為、8人を逮捕 /北海道

 札幌中央署は23日、札幌市中央区南8西5、風俗店「プッシーキャット」従業員、
門間秀正容疑者(31)ら従業員8人(男3人、女5人)を公然わいせつの疑いで
現行犯逮捕した。調べでは、8容疑者は共謀して、同日午後5時半ごろ、同区
南6西5の同店内のステージ上で、この女性従業員5人が客に陰部を見せるなど
わいせつな行為をした疑い。同店では同様のショーを1日に10回以上開いていた。
当時、店内には約40人の客がいたという。同署は経営者や店長からも事情を聴く
方針。

毎日新聞 2006年1月24日

それを受けての閉店ということですね。
ああ、あれは世界に誇れるエンターテイメントだと思うんだけどなぁ。もう、あの素晴らしい空間を体験することが出来ないなんて、残念ですよ。
マジに4月8日の閉店までに札幌まで行こうかと考えたくらい(でも、今は、ショーの内容がずいぶんおとなしくなってるらしいので、止めましたが)。

ちなみにこの「プッシーキャット」の素晴らしいショーの様子は前述の拙著「日本縦断フーゾクの旅」、そして僕が監督したAV「月刊日本全国オススメ風俗MAP 北海道編」 に収録されているので、興味がある方はぜひ!

いや、それにしても、本当に残念ですよ!

Amazon 【最大70%OFF】ミュージックセール