読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダリブロ 安田理央Blog

フリーライター安田理央のBlogです。

「エロの敵」目次

お仕事

はい、 「エロの敵」のパブリシティが続きますよ〜(笑)。ええ、もう著者が自身でPRしていかないとダメな時代ですからね!
宣伝するど〜宣伝するど〜。今回は、「エロの敵」の目次を一挙公開。 まぁ、こういう内容の本なわけですよ! ね、面白そうでしょ! 

-はじめに
 今、アダルトメディアに起こりつつあること

PART1 消え行くエロ本文化  安田理央

  • エロ雑誌時代の終焉
    • エロ雑誌に未来は無い?
    • 消えた撮り下ろしグラビア
    • インターネットの影響
    • 高齢化する読者
  • エロ雑誌の歴史
    • エロ雑誌の黎明期
    • ビニ本・裏本
    • そしてAVの誕生
    • 「写真時代」と白夜書房の冒険
    • エロ雑誌の黄金時代
    • バッシングされるエロ
    • ヘアヌードという革命
    • 暴走するブルセラ少女たち
    • 風俗嬢がアイドルになる時代
    • ヘアヌードからお宝発掘へ
    • 児童ポルノ法の衝撃
    • ネット時代の到来
    • コンビニを席巻した実話誌
    • 裏モノの甘美な魅力
    • テープ留めの深刻な影響
  • 二極化するエロ雑誌
    • コンビニ売りと書店売り
    • コンビニに置いてもらうためには
    • コンビニのためのエロ雑誌
    • さらに厳しい書店売り雑誌
    • ハード化する「成年向け」雑誌
    • マニア誌の失速
  • エロ本文化と呼ばれたもの
    • 消えるモノクロページ
    • モノクロページは好き勝手遊べる場
    • エロ雑誌とサブカルチャー
    • 90年代のエロ雑誌の構成
    • エロ以外は一切なし
    • 急落したハダカの価値
    • それは編集者の自己満足だったのか?
    • 役割を終えたエロ本文化
  • エロ雑誌を継承する者
    • 裏モノ雑誌の誕生
    • 読者層が若い裏モノ路線
    • エロ雑誌と構造の似たEX系雑誌
  • DVD付雑誌の可能性
    • みんなDVD付きになっていた
    • 7割以上がDVD付きに
    • なぜこの値段でDVDが付けられるのか?
    • いかに安く4時間を埋めるか
    • DVDは飽きられるか?
    • 「DVD DELUX」 やれることが2倍に増えた
    • 「サルシキ」 編集者だってエロ本でオナニーはしていないんだから
    • エロ雑誌を再生させる手段


PART2 「進化」するアダルトビデオ  雨宮まみ

  • AVの歴史1――ビデ倫全盛期
    • レンタルとセル 2つのアダルトビデオ
    • アダルトビデオの始まり
    • 美少女AVアイドルブーム
    • ハード路線の作品も
    • いんらんブームの到来
    • 不況下のAV
    • ビデ倫に一党支配されたレンタルビデオ
    • 高まるビデ倫への不満
  • AVの歴史2――セルビデオの拡大
    • 「ビデオ安売王」に始まる
    • ソフト・オン・デマンド 高橋がなりという革命者
    • インディーズは「裏ビデオ」?
    • 非ビデ倫の自主審査団体
    • AVを「普通の商品」に
    • セル業界に浸透した「ユーザー第一主義」
    • インディーズの勃興
    • アウトビジョンという巨大流通網の出現
    • 「委託」と「買い取り」の違い
  • 小さくなるモザイク
    • ビデ倫は大きく、非ビデ倫は小さい?
    • デジタルモザイクという発明
    • 全てのアナルが丸見えになる日
  • VHSからDVDへ
    • DVD化でAV鑑賞法が変わる
    • 「1本」から「1シーン」へ
    • セルビデオの鑑賞法とユーザーの要求
    • 落ち着きを見せるチャプター数と収録時間
  • 価格破壊から専属単体女優ブームへ
    • 価格破壊によって増えたリリース本数
    • 本数増加による制作と採算の問題
    • 「企画」から「女優」中心へ
    • 増える「メーカー専属」女優
    • 使い捨てられる女優
    • 単体専属女優ブーム、そしてエスワンの「発明」
  • 実用品として進化するセルビデオ
    • 「オナニーの実用性」に特化したAV
    • 見えない男優
    • 完成系を迎えたセルビデオのフォーマット
    • 企画・マニア系作品の活況
  • セルビデオの矛盾点と課題
    • ジャンルの細分化
    • ジャンルが増えても作品の幅は広がらない
    • 過激化する内容
    • でも結局「普通」が一番?
  • AVに創造的な未来はあるか
    • 「つまらない」セルビデオ
    • 90年代のV&R黄金期
    • セルビデオの「面白さ」
    • セルビデオの中の独自性 二村ヒトシという存在
    • 「エロさ」を新発見する二村監督
    • 「エロさ」と「面白さ」
    • カンパニー松尾はセルの世界でどう受け止められたか?
    • 「エロく」て「面白い」ことの不幸
    • 二極化するAVのフォーマット
    • 多様化を見せた「AV OPEN」
    • アダルトビデオの可能性


PART3 インターネットの影響と次世代アダルトメディア  安田理央

  • 次世代のアダルトメディアパッケージは?
    • 幻のアダルトメディアたち
    • アダルトUMDの登場
    • 次世代DVDは本当に主流になるのか?
  • ネットはAVを継ぐ者なのか?
    • アダルトサイトの始まり
    • ネット用に撮り下ろすという発想
    • アダルト・バブルの崩壊
    • ケータイサイトの短い春
    • ネット用にAVを撮る
  • 日本は既にポルノが解禁されている
    • 逆輸入DVDの誕生
    • 撮り下ろし無修正という衝撃
    • 解決法はポルノ解禁しかない?
  • エロは無料の時代
    • ファイル交換されるエロ
    • エロに金を払わない20代
    • 携帯電話でオナニーする
    • エロに金を払うのはバカ
    • エロにプロモーション効果は期待できない
    • アダルト業界の未来は?


-おわりに
 「エロの敵」はどこにいるのか? 


付録

  • アダルトメディア年表(1949年〜2006年)

Amazon 【最大70%OFF】ミュージックセール