読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダリブロ 安田理央Blog

フリーライター安田理央のBlogです。

手のひらサイズのパソコン、wizpy

 小さなデジタルガジェットには目のないモバイル好きの僕としては、気になってしょうがないのが2月23日に発売されるターボリナックスwizpyです。84mm×42mm×12.2mm、重量50gという手のひらサイズのこのマシン。そのままなら動画、静止画、音楽の再生・録音、テキスト表示にFMラジオまで内蔵したマルチメディアプレイヤー、そしてパソコンにつなげると、どのマシンでも自分専用のOSが起動して自分のパソコン環境を再現できるというものです。ポータブルHD持ち歩き派の僕には、これぞ待ってましたという製品。うー、欲しいなぁ。29800円という値段も大変リーズナブル。
 でも、あれ? 容量は2GBなのかぁ(33800円の4GB版もあり)。うーん、80GBのポータブルHDが2万円以下、80GBのiPodが4万円という時代なのですから、ノートPC並の大容量にしてくれれば完全にメインマシンと同期させられて便利なのになぁ。まぁ、wizpyはiPodで言えばシャッフルやnanoにPC機能を付けたようなイメージなんでしょうね。じゃあ、とりあえずwizpyとポータブルHDを持ち歩けば完璧か(笑)。

 個人的な希望と言いますか、僕の夢のマシンというのは、こんな感じ。サイズはモールスキンの手帳(ポケットサイズ)くらい。厚さも重さもそれくらい。表面は、ほぼ全面液晶でタッチパネルでキーボードレス(側面にハードキーが色々)。80GB以上のHD内蔵。ウィンドウズXP(あ、もうVISTAか)がパーフェクトに動く。OS立ち上げなくても音楽ファイルなどの再生も可能。ワンセグ視聴も可能。他のPCにUSBでつなぐと、そのPCのモニター、キーボードを使うことができる。できればUSB端子が本体から引き出せて直に他のマシンにつなげられる。もちろん無線LAN内蔵必須。
 まぁ、ちょっと前に使っていたVAIO type-U50を超小型化したようなイメージですね。単体ではデータビュアーとして使い方がメインだけど、キーボードとモニターをつなげば普通のPCとして使えるという。夢のマシンではありますが、実現不可能じゃないような気がするんですよねー。

それにしてもwizpyどうしよう。MP3プレーヤーとしても買えちゃう手頃な値段というところが、悩ましいんだよなぁ。

Amazon 【最大70%OFF】ミュージックセール