読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダリブロ 安田理央Blog

フリーライター安田理央のBlogです。

どきどき魔女神判!

ゲーム

(一部で)話題のニンテンドーDSのゲーム「どきどき魔女神判!」が昨日発売されましたね。ネット(の一部)では大変盛り上がっております。なにしろこのゲーム、人間のふりをしている魔女を捜し出すアドベンチャーゲームで魔女はどきどきすると魔女の証である紋章が浮かび上がるため、 タッチペンで女の子のカラダをさわったりしてどきどきさせるというものなのですよ。タッチペンで女の子のカラダをさわる! エロゲーじゃん! DSなのに! いや、さすがにDSのゲームなので露骨な表現はなく、かなり間接的な表現にはなっているのですが、それでもこれは凄い。いや、その確信犯的チラリズムが、かなりエロそうなんですよ。
 先述の通り、ネットでも「紳士」なみなさまがすごく盛り上がっていて楽しそう。けっこう「おっき」しちゃうそうですよ。

でも、まぁ、そんなわけでツボは抑えているものの、直接的なエロ度は少ないわけですよ。エロが欲しけりゃ、エロゲーをやれば、もっとすごいのがいくらでも見られるのに。DSでこれというところに、みなさん興奮するんでしょうね。TVでチラリと見えた裸が嬉しいみたいな。あと、ギリギリ隠した着エロの方がモロ見えよりエロいとか。昔から何度も言われていることではありますが、この辺に「エロ」の不思議というか面白さがあるんだよなぁ。

 ところで2ちゃんねるに貼られていたコレがいい感じです。

娘「パパ!パパ!魔女(お○ゃれ)買って!」
父「まだ魔女?カードたくさん持ってるでしょ?」
娘「違うの!DSの魔女だよ!買って買って!」
父「…ああ分かった分かった、来週ね来週」

〜next week 7/5〜

父「あれ?なんか人が寄りたがってるな。ちょっといってみよう」
店員「いらっしゃいいらっしゃい!本日は話題のDSソフト、
どきどき魔女神判!』の発売日です!予約特典付きはすでに切らしておりまして、
在庫にソフトは残り僅かです!数量は限られますので!どうぞお早めに!」
父「あ!これか、DSの!残り少ないから今買おう!
すみません、そのDSの魔女を下さい」
店員「はい、こちらのDSソフト『どきどき魔女神判!』でよろしいでしょうか?」
父「はい。あ、プレゼント用なので、ラッピングでお願いします」
店員「・・・(まだかよ。今日で何人目なんだよ)」
店員「かしこまりました、では少々お待ちくださいませ」
父「娘のやつの笑顔が頭に浮かぶなぁw」
店員「包装紙とリボンは何色にしますか?」
父「包装紙はピンクでリボンは青でお願いします」
店員「…かしこまりましたぁ(またまた、やけに本格的じゃないか)
一点で5040円になりまぁす」
父「はい、5040円ね。よし、あとはこれを家に持って帰って娘の帰りを待つだけだww」

                             〜to be continued〜

追記:やっぱりアキバでは即日売り切れの模様!

Amazon 【最大70%OFF】ミュージックセール