読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダリブロ 安田理央Blog

フリーライター安田理央のBlogです。

「音で聴く『電子音楽 in JAPAN』!」

「電子音楽 in JAPAN」の田中雄二さんのイベントです。

イベント「音で聴く『電子音楽 in JAPAN』!」開催のお知らせ
大阪万博から「初音ミク」まで、レコードで辿る電子音楽50年史>

【日程】2007年11月4日(日曜日)
【場所】TOKYO CULTURE CULTURE(江東区青梅1丁目パレットタウンZepp Tokyo 2F)
【時間】Open 15:00/Start 16:00/End 21:00(予定)
【料金】前売り2200円/当日未定(共に飲食代別)
[チケット情報]前売券はローソンチケットにて10/13発売(Lコード:34002)
http://www2.lawsonticket.com/

(内容)
西ドイツに続く世界第二の歴史を持つ「NHK電子音楽スタジオ」設立に始まり、東京オリンピック大阪万博から、80年代のYMOの出現(テクノポップの時代)まで、常に世界をリードしてきた「日本の電子音楽」。その50年史を綴ったノンフィクション『電子音楽 in JAPAN』(アスペクト)の著者がナビゲーター役を務め、当時のレコード、映像などを見ながらエピソード満載で日本の電子音楽史を紹介していく。貴重なレコードを聴くマジメな<第一部>と、著者が監修した『イエローマジック歌謡曲』番外編、トニー・マンスフィールド特集、今話題の「初音ミク」のルーツを辿る合成人声レコードの歴史など、コラム仕立ての<第二部>で構成。『電子音楽 in JAPAN』『電子音楽 in the(lost)world』の取材で使用済みのレコード処分市や、渋谷のカルトレコード店「ソノタ」の出張販売もあるでよ。

(出演)
田中雄二/ゲスト:津田大介(『だれが「音楽」を殺すのか?』著者)、ばるぼら(『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』著者) スペシャルゲスト:牧村憲一(音楽プロデューサー)

著書『電子音楽 in JAPAN』『電子音楽 in the (lost)world』ほか、アスペクト関連書の物販。および、著者提供を含む、渋谷レコード店「ソノタ」出張販売ブースあり

(関連ホームページ)

TOKYO CULTURE CULTURE
http://tcc.nifty.com
アスペクト
http://www.aspect.co.jp/
ソノタ
http://www.manuera.com/sonota/

かなり面白そうなイベントです。もちろん僕も行く予定。まぁ、会場がお台場ってとこが、ちょっとアレですが(笑)。でも「TOKYO CULTURE CULTURE」って、かなり素敵なスペースらしいですね。まだ行ったことないんですけど。

Amazon 【最大70%OFF】ミュージックセール