読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダリブロ 安田理央Blog

フリーライター安田理央のBlogです。

ネット時代のライターから失われるもの

 先週から毎週末の金・土・日の三日間、 「Webスナイパー」にAVレビューを掲載してます。いちおうSM物中心ですが、SM的要素を含むものは紹介しています。今週は『猟奇の檻39(アートビデオ)』 『ヒロイン排泄地獄Vol.10 (GIGA)』 『男根少女 Penis Venus (ドグマ)』の3本。
 だいたい1000文字目安なのですが、Webの場合は文字数をどんなにオーバーしても掲載できちゃうんですよね。『男根少女』なんか、ついレビューというより「ふたなり論」みたいな事を書いちゃって2000文字オーバーしちゃいました。二村さんとよく話していたことをまとめてたらつい書き過ぎちゃった。
 文字数を気にせずに、好きなだけ書くことが出来るというのはライターに取っては嬉しいことなんですけど、今後、ライターの主戦場がネットに移行していくと、ライターの重要なスキルのひとつである「規定の文字量内に必要な情報を全て収めるように書く」という能力は失われていくんだろうなぁ、なんて思いました。
 AVがセルDVD時代になって長時間収録を求められたことにより、ダラダラしたものになってしまったのと同じように*1
 不要な部分を削っていってソリッドにしていく作業って好きなんですけどね。とはいえ、削らないでいいと言われれば、せっかく書いた文章を削りたくはないのもライターとしての本音でもありますが(笑)。

 ところで現在「Webスナイパー」はSMホテル「アルファーイン」の特集中。僕のアルファーインオーナー今関和道氏のインタビューや、井上文さんのアルファーイン周辺ぶらり散歩コラム(笑)、そして開田あやさんととやまみーやさんによるアルファーインのルームレビューが連載されております。開田あやさんがモデルとしてカラダを張ってのルームレビュー(全室、内装や設置道具が違うアルファーインのプレイルームを一室づつ紹介)は、かなり斬新な企画だと思いますよ!

*1:個人的にはAVは45分〜60分がベストだと思っています。特にSODのバカ企画物とか、30分くらいに編集したら、かなり印象よくなるんじゃないででょうかね

Amazon 【最大70%OFF】ミュージックセール