読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダリブロ 安田理央Blog

フリーライター安田理央のBlogです。

MCプレス、エロ撤退!

 毎日新聞の英文コラムサイト「waiwai」についての騒動が飛び火して、MCプレスのアダルト雑誌4誌が急遽休刊しちゃいました。
 どうも週刊文春7月31日号(24日発売)の「『毎日』系企業が出すエロ雑誌が過激すぎる」という記事の取材にあたって、慌てた上層部が急遽休刊を決めてしまったらしいんですね。

★休刊のお知らせ
諸般の事情により、下記媒体を休刊することとなりました。 なお、弊社ではバックナンバーの販売を行っておりません。 永らくのご愛読、誠にありがとうございました。
DVD DELUX (最終号 8/8発売 9月号)
DVDデラデラ (最終号 7/19発売 9月号)
DVDヤッタネ!(最終号 8/21発売 10月号)
DVD人妻デラックス(最終号 7/29発売 9月号)
http://www.mcpress.co.jp/magazine.html
(現在はサイト上では誌名もカットされている)

 新聞社の子会社(孫会社)がエロ本作ってることの是非はともかく、このMCプレスのDVD付エロ雑誌は、非常にレベルが高かったのですよ。拙著「エロの敵」でも、エロ本の発展形のひとつの例として「DVD DELUX」を取材してるんですが、とにかく今のエロ本業界において、珍しくキッチリ作っている貴重な雑誌だったのです。
 だいたい、今のエロ本というのはグラビアの撮り下ろしをほとんどしていません。単純に予算がないという理由なんですが、多くの雑誌はAVメーカーから写真を借りてきてグラビアページを構成しています。撮影現場を一度も体験したことのないなんてエロ本編集者がゴロゴロいるんですよ、今は。エロ本編集者なのに、生のハダカを見たことがないとは!
 その点、MCプレスは今では珍しいほど、たくさんの良質の撮り下ろしをしていました。誌面のグラビアも企画ページも、そして付録のDVDも、手を抜かずにきっちりと作っていた非常に貴重な存在だったんです。
 MCプレスがエロから撤退しちゃうと、単体AVアイドルの撮り下ろしグラビアって、一気に減っちゃうと思うんですよね。
 既にエロ雑誌というものは、役割を終えてしまっているというのがここ数年の僕の考えなのですが、今回のMCプレスのエロ撤退は、そのトドメの一発という気がします。
 もうね、エロ本業界にはコンテンツを作れる人がいなくなりますよ。AVメーカーからもらって来た素材を構成するだけが編集者の仕事。もう、既にそうなってますけどね。
 エロ本は死んだ、と事あるごとに言っている僕ですが、それでも続々と入ってくるエロ本の終わりを告げるようなニュースを聞く度に哀しい気持ちになります。
 もう本当にエロ本は終わっちゃったんだなぁ。

Amazon 【最大70%OFF】ミュージックセール