読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダリブロ 安田理央Blog

フリーライター安田理央のBlogです。

サンシャイン国際水族館

 遅くなってしまいましたが、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
 昨年から年賀状を出すの止めてしまったんですが、年賀状っていただいちゃうと出してないのが申し訳ない気持ちになりますよね。うーん、来年はまた出そうかなぁ…。というわけで、年賀状出さなくてスイマセン。


 さて、本来なら昨日が仕事始めなのですが、4日に仕事したもので、昨日はお休み、家族でお出かけデーにしてみました。今年の冬休みは帰省以外全く家族で出かけてませんでしたからね。一応平日だから、少しは空いているだろうなぁという計算もありました。

 んで、協議の結果、サンシャイン国際水族館にしました。近いということもあって、年に一回くらいは行ってますね、サンシャイン水族館。基本的に水族館は好きなんですが、ここはサカナ系以外が、実は楽しい。動物や鳥類が充実してるんですよ。
 昨年、度重なる脱走で話題になったミナミコアリクイのタエちゃんもサンシャイン水族館にいるのです。あの事件の後、妻子がサンシャイン水族館にタエちゃんを見に行って、すっかりメロメロになってました。なので、今回はアリクイを見に行くのが第一の目的。水族館なのに(笑)。

 冬休み中とはいえ、やっぱり平日。お客さんもあまり多くなく、ゆったりと見れました。年末年始の特別企画で「水と光と生き物の“美しさ”に特化した、イルミネーションに彩られた幻想的水族館」という「Sunshine Aqua Fantasia (サンシャイン アクア ファンタジア)」なる展示もやってたんですが、一番子供たちにウケてたのは、ウーパールーパー(笑)。懐かしいというか、最近あちこちで見かけて、ずいぶん安い感じになっちゃってますが、見るとやっぱり変で面白い生き物ですねぇ。

 常設展示はもう何度も見ていますから、今回はイベントを中心に楽しむことにしました。会場に入ってすぐにアシカショー。2匹のアシカが芸を競いあうというショーでした。珍しくはないけれど、つい見入っちゃうんですよね。アシカって動きがユーモラスで可愛い。

 その後は、わいわいどうぶつパレード。ポニー、スカンク、ペンギン、ペリカンらが目の前を行進していくというイベント。スカンクがここでオナラ(厳密にはオナラではないらしいです)すると、池袋駅まで届くという話に驚きました。すげえな、スカンク。でも、動物園のスカンクは匂い袋を手術で取っているそうです。そりゃ、それだけ強烈なんじゃ生物兵器みたいなもんだからねぇ。

 続いて、数十匹のペンギンが行進する、よちよちペンギンパレードも堪能。こんなの可愛いに決まってるじゃないですか。

 そして、回遊水槽の中での水中トーキング餌付けジョー。お正月ということで、ダイバーのお姉さんが着物着ていました。いつも思うんですけど、魚ってちゃんと感情あるみたいですよね。「くれ、くれ、餌くれ」ってやって来て、「うめぇ、うめぇ、餌うめぇ」って喜んでいるみたいに見えるの。エイなんて笑ってるみたいだもんなぁ。

 以上、休日だとお客さんがいっぱいで見るのも一苦労ですが、特等席でゆったり見ることが出来て満足満足。

 さて、今回のお目当てであるミナミコアリクイ。現在、サンシャイン水族館には4匹のミナミコアリクイがいます。脱走で有名なタエちゃんと、そのダンナのアリー君。長男のリク君に次女のアイちゃん。長女のミナミちゃんは千葉市動物公園にお嫁入りしていて、アイちゃんも、もうすぐ他の動物園へお嫁入りらしいです。
 アリクイたちは順番で公開されているらしく、この日はタエちゃんはお休みだったようで、残念。でも館内入り口のところで公開されているアイちゃんが、母親ゆずりの脱走癖なのか、ドアのカギを一生懸命に外そうとしている姿を堪能できましたし、間近でマーラーやアルマジロなどと触れあえる(触っちゃダメなんだけど)Zoo-Zooハウスでは、すぐ横を走り抜けていくリク君を見ることができました。ああ、こんな間近にアリクイが!

 ま、動物類は基本的に夕方以降の方がアクティブなので、動物目当てなら遅めの時間に行った方がいいみたいですね。結局僕たちは3時間以上もいましたが…。

 もちろん魚たちもたっぷり見て、元取った〜という感じでした。サンシャイン水族館は、いつ来ても裏切られたことがない気がしますね。近くて手軽に楽しめるというところもいいですしねー。

 ムスメもこの春で中学生になるので、もうあまり家族でお出かけしてくれなくなっちゃうのかなぁ。一回一回のお出かけが、貴重なものになりますよ、ねぇ。

Amazon 【最大70%OFF】ミュージックセール