読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダリブロ 安田理央Blog

フリーライター安田理央のBlogです。

電子書籍市場にエロ本の席はない?

出版

 先日、iPhone/iPodのアプリを販売するアップルのAppStoreから、写真集系・グラビア系のアプリが削除されました。

海外メディアによれば、一部の開発者は「セクシャルコンテンツに苦情が多く寄せられているため」というアップルからの説明を受け取ったと報じています。(「アップル、App Storeから大量のグラビアコンテンツを削除」インサイド 2010年2月19日(金) 16時54分)

 もともと基本的に露骨なヌードやエロはダメなAppStoreでしたが、最近はその基準ギリギリのセクシャルなアプリが次々と発売され、AV女優の着エロ的なデジタル写真集なども人気を博していました。それが一気にパー。このラインを狙って行こうと考えていた出版社やAVメーカーも結構多かったのでは? いや、実は私も色々考えてました(笑)。

 まぁ、アップルはエロには厳しい企業ですからね。この展開は十分に考えられることでした。となると今後、電子書籍の市場として大きな鍵を握ることになりそうなiPadもアダルトは絶望的でしょう。あのサイズならグラビアは結構よさそうだったのに。じゃあ、その対抗馬であるKindleはどうかといえば、あちらは活字主体に考えたリーダー。現時点ではモノクロオンリーとなると、官能小説以外の展開は難しそう。
 メジャーなところが流通を一手に握ることになる電子書籍時代にエロ本が生き残る道は、かなり厳しそう。今まで通りの紙、PC、携帯電話という市場だけでやっていかないといけないかもしれませんね。うーん、それはキツそうだなぁ。エロに特化した第三の電子書籍デバイスが登場すればいいのかもしれないけれど、それがおおっぴらに普及するとは思えないしなぁ。
 しかし、この辺の状況から考えると、意外に最後に残る紙メディアはエロ本ということになるかもしれませんね。

Amazon 【最大70%OFF】ミュージックセール