読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダリブロ 安田理央Blog

フリーライター安田理央のBlogです。

「コミPo!」で描いてみた

マンガ 駅弁大会 新製品

絵が描けなくても、漫画を「作る」ことが出来るという話題のソフト「コミPo!」。先行体験版をいただいたので、さっそく試してみました。


いや、すごいですよ、コレ。本当にパーツを選んで、組み合わせていくだけで漫画が出来てしまう。一時間くらいで、「描けて」しまった。
実は僕も小学生の頃には本気で漫画家になりたかったクチですが、自分の絵の才能の無さに気づいてすぐに断念。でも、ずっと憧れてました。いや、ホント、絵が描ける人は今でも尊敬します。一番欲しい才能ってのは、絵を描く能力ですよ。
それが、この「コミPo!」ではかなえられる。歌が歌えなくても楽器が出来なくても「初音ミク」でボーカル曲が作れてしまうのと同じですね。いや、そういう話はこの「コミPo!」の発表があってから、ちょくちょく聞いてはいたんですけど、実際に作ってみると、感動しますよ。
もちろん「描ける絵」には制限があるし、何でもかんでも思うがままというわけにはいかないでしょうけど、かなりの自由度もありますしね。
おそらく、今後ユーザーによって「コミPo!」で使えるデータも作られていくでしょう。まぁ、もちろん僕なんかはエロい漫画が描きたくてしょうがないわけですけどね(笑)。
でも、なぁ、僕が一番欲しい「イヤハヤ南友」「けっこう仮面」期の永井豪先生のエッチ絵ってのは、誰も開発してくれないだろうなぁ……。萌え絵は、ちょっと苦手なんですよね。


12月の製品発売が楽しみです。パッケージ版が9,700円、ダウンロード版が6,700円というのは高くないなぁ。

http://www.comipo.com

Amazon 【最大70%OFF】ミュージックセール