読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダリブロ 安田理央Blog

フリーライター安田理央のBlogです。

家飲みが最高なんです。

食べる・飲む

先月の餃子&ビール
相変わらず、インタビューズにハマっております。もうすぐ200回答ですよ。自分でもそんなヒマないだろうと思うのですが、ついつい書いてしまう。テーマによっては長文を書いてしまう。
そんなわけで、そんな回答のひとつ、気合入れすぎちゃってもったいないので、こちらにも転載します(笑)。


Q:好きなお酒と、そのお酒に合う好きな肴と、飲むのに好きな場所やシチュエーションについて教えてください。


A:結局、一番好きなのは家飲みです。なにしろ、どんなに酔っ払っても、そのまま寝られるのですから。思う存分飲める。あと、勘定の心配もしないで飲める。最高です。

というわけで、ほとんどの日が最高のシチュエーションなんですね。


では家飲みの中でも最高のパターンというのを考えてみます。

まずいつもよりやや早めに帰宅(8時くらいかな)。とにかく、シャワーorお風呂。
そして家族みんなで餃子。我が家は餃子の時は、他のおかずは無し。山のように餃子を作って食べます。
僕は妻が作る餃子が大好きです。長年かけて、自分たちの好みにチューンナップしてきましたからね。他の人が食べてどう思うかはわかりませんが、自分にとっては最高の餃子なのですね。

そして、もちろんビールです。ビールは家ではキリン淡麗グリーンラベル発泡酒ですけど)です。以前はサッポロ黒ラベルだったのですが、数年前にダイエットをした時に、少しでもカロリーが少ないかなと思ってグリーンラベルにしたんですね。最初は薄いなーと思ったのですが、慣れるとその分シャープな飲み口が気持ちよいのです。
キンキンに冷やし、しかも冷凍庫に入れておいたジョッキで飲みます。
僕は、まず一口何かを食べてから、飲みたい派なので、肉汁たっぷりのアツアツ餃子を口に頬張って、そこにビールを一気飲みです。キーンと冷たさと発泡感が喉から胃へと駆け抜けます。この一瞬が最高かもしれないですね。
あとはひたすら、餃子&ビールです。500ミリ缶を飲み終えたら次は、宝ハイボールドライ350缶です。缶チューハイも色々飲みましたが、これが一番甘さが無くて、美味しいです。まさにドライ! これはジョッキに氷を詰めこんで飲みます。



さて、この辺で食事としての晩酌は終了。僕は夕食の時は白飯は食べないので、お酒がご飯のかわりなんですね。
なので、ここからが、本当の晩酌(笑)。おつまみのベストは、中野ブロードウェイ地下の「ふなりや」のミックスナッツ。これは本当に美味い。美味すぎて子供たちがすぐに食べつくしてしまうので、隠しておこうかと思うほど。
そして酒は、ウィスキーです。まずはハイボール。ローソン100の一リットルの炭酸水がお気に入り。これは普段、そのまま、あるいはレモン果汁入れたりしても飲みます。自宅と仕事場の冷蔵庫いは欠かせません。
さて、ハイボール。まだガバガバ飲みたい時はブラックニッカクリアブレンド。角よりも安くて美味しいです。ハイボールには最適。
味わいたい時は、シングルモルトです。シングルモルトのソーダ割り、美味しいんですよ。僕はソーダ割りの時は、炭酸の発泡感を味わいたいので、ウイスキーは少なめにしたいのですが、味の強いシングルモルトだと、薄くてもガツンと来る。
僕が一番好きなのはタリスカー。スカイ島産のシャープな味わいと香りの個性的なシングルモルト。胡椒のような、と言われるくらいに辛口です。そんなに高くないし、オススメです。

あ、もうひとつ重要なつまみを忘れてた。この時は漫画が大事なつまみなんです。たいていは「酒のほそ道」(ラズウェル細木)、あるいは「レモンハート」(古谷三敏)。他の漫画を読む時もあるけど、ほとんどはこの二つのどちらかです。


で、まぁ、家にいる間は、寝るまでズーッと飲み続けるわけです。そしてソーダ割りの次は濃い目の水割り、次はロック、最後はストレートとどんどん濃くしていく。
ロックやストレートの時は、もう布団の中で寝転びながら飲んでます。そして、眠くてたまらなくなったら、そのまま寝ます。眠くなるギリギリまで飲み続けられるのが、家飲みの最大の魅力です。

幸せな気分になって、おやすみなさい。これが僕の最高の飲み方。で、ほとんどの日がこんな感じです。
気の合う仲間と一緒に店で飲むのも、もちろん楽しいんですけど、どっちが?と聞かれたら、やっぱり家飲みだなー。


お酒が好きな人の中でも家では飲まないって人が結構いて、ちょっとびっくりします。

Amazon 【最大70%OFF】ミュージックセール