読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダリブロ 安田理央Blog

フリーライター安田理央のBlogです。

讃岐産 肉うどん弁当(1200円/B-5/香川県)

駅弁大会


駅麺対決に後半戦から登場した三つ目の駅麺は、さぬきうどん。まずは箱の大きさにびっくり。ジェット弁は大ぶりになるのが常ですが、これは巻きずし重まで付いてくるので、さらに大きさ倍増というわけです。隣の500ミリのビール缶と比べると大きさがわかると思います。これはあくまでも比較のために置いただけですからね。飲んでませんよ、昼ですから!

紐を引っ張って過熱させ、待つこと5分。見事に温かい肉うどんが完成。鶏、豚、牛と三種類の香川産の肉がたっぷり。さらに玉子焼き、かまぼこ、ネギと具も充実し、うどんもシコシコ。ちょいツユが甘すぎる気もしますが、駅弁でこれほど本格的なうどんが食べられることにびっくりします。
しかし、やっぱりジェットということで、致命的に量が少ないです。あれ、もう終わり? という感じ。それをカバーするためでしょうが、巻きずし重があるわけです。うどん入り巻きずしが二つ、たいらぎ貝の佃煮としょうゆ豆が入っています。そのため、全部食べればお腹いっぱいになるわけですが、それでもメインであるうどんが少なかったという印象がどうしても強くなっちゃうんですよね。美味しかっただけに。
また、肉うどんに巻きずしのセットで1200円かと思うと、うーん、不満が残っちゃいますね。コストパフォーマンス悪すぎ。いやいや、うどんを駅弁にするという無茶な命題に挑んだ努力はすごく買います。頑張ったと思います。でも、食べた結論としては、やっぱり無理に駅弁にすること、ないんじゃないの? ということになっちゃうんですよね。これは他の駅麺二種類にも言えるんですが……。でも、ま、ユニークではあるので、食べてみる価値はありますよ、うん。

Amazon 【最大70%OFF】ミュージックセール