読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダリブロ 安田理央Blog

フリーライター安田理央のBlogです。

45歳からのアニメ入門8 「ストライクウィッチーズ」完走!

アニメ

ストライクウィッチーズ」見終わりました! 「とらドラ!」に続いて二作目の完走です。いやぁ、面白かった。特に最終4話は盛り上がりましたね。いや、ホント、前のエントリーでも書きましたが、これのどこがハードル高い作品なのかわかりません。普通に王道じゃないですか。爽やかじゃないですか。ちょっとパンツとヌードが多いだけじゃないですか。見ながら、これじゃあ普通に面白くて修行にならないなぁ(ニヤニヤ)なんて思ってたくらいですよ。
 あと知り合いなのに、今までお仕事に触れることのなかった園崎未恵さんが出演してたのもよかったなぁ。バルクホルンさんかっこいい! 今度サインもらおう!
ストライクウィッチーズ2」ってのもあるみたいだし、劇場版もあるみたいだし、こっちも見たい気持ちでいっぱいですが、ここはアニメ修行・萌え修行ですからね。とりあえず別の作品に進むことにしましょう。
 いや、実は「ストライクウィッチーズ」は十分楽しめたんですが、ひとつ気になってることがあるんですよね。僕が今回、こうやって今のアニメを楽しめるようになりたいと思った理由のひとつに「萌えを理解したい」というのがあります。萌えの感覚が理解できるようになりたい。いや、僕もぜひ萌えてみたい。「あずにゃんペロペロ」「 長門はおれの嫁」とか言えるようになりたい。
 しかし、「とらドラ!」も「ストライクウィッチーズ」も面白かったんですが、どのキャラにも恋することが出来なかった。そもそもハマりまくった「謎の彼女X」にしても、卜部に恋するような気持ちは抱けなかった。「卜部はおれの嫁」ではなく「卜部は椿君の嫁であって欲しい」とか、そういう感じ。


 次は、このキャラに萌え〜、とか、そういう気持ちを味わってみたいです。いや、実はそういう意味では長年愛してる二次元キャラはいるんですけどね。高橋真弓ちゃん(「けっこう仮面」)と冷東麗造子ちゃん(「イヤハヤ南友」)の二人は、もう35年くらい好きなんですけどね。今でも使わせていただいてるんですけどね。あと3次元で好きな女性のタイプは笠木忍大江麻理子です。
 そんな僕は次はどんな作品に挑戦すればよいでしょうか? 師匠のtag先生がアドバイスをくれました。しかも、ものすごく丁寧な!

安田さんのアニメ修行3 http://tagkaz.hatenablog.com/entry/2013/02/19/003616

また、たくさんの作品を挙げてくれました。

1.「主人公が複数の可愛い女の子にモテモテになるいわゆるハーレムものや落ちもの(注:空からヒロインが落ちてきた)」
2.「エロコメ(ハーレムものの一種だがよりエロい)」
3.「かわいい女の子がキャッキャしてるのをニヤニヤ眺めるもの」
4.「ピュアすぎてほとんど白痴の女の子たちが重病になったり死んだりするところを泣きながら見るもの」

この4カテゴリーをピックアップして下さいました。順に難易度が高くなっているそうです。ふむふむ。聞いたこともないようなタイトルも多いなぁ。と、なると1から選んだ方が無難かもしれません。
しかし、ハードル高いと言われていた「ストライクウィッチーズ」をあっさりクリアできたことで、ちょっと自信がついています、僕。少し難易度の高いものに挑戦してみたい気分です。「お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!」という、あからさまにハードルの高そうなタイトルが目につきました。どう考えても、僕には無理な気がします。でも、おれ、もしかしたら、いけるんじゃないか……。どうしよう……。

さて、こんなアニメ見て一喜一憂してるだけのBlogが、なんか大変反響を呼んでおります。ほんと、すいません。みなさん、親切に色々な作品を挙げてくれているんですが、大丈夫ですか? タイトル通りに、おれ、45歳のおっさんですよ? 名前はAVアイドルみたいですけど、AVは撮ったり書いたりしてる方ですよ。
そんな僕がやっているバンド、野獣のリリアンが本日ライブをやります。

2/19(火)at四谷アウトブレイク
共演:功/妖精達/スメルズライクソイソース/キャプテンクーコッチ
open18:30/start19:00 前売 1500円+(1D代500円で飲み放題!)

ちなみにこんなバンドです。9人編成のハイパーロックンロールバンドです。僕を含めてボーカルが3人もいます。

「45歳からのアニメ入門」の、たくさんのアクセス目当てにあえてエントリーを分けずに貼ってみました。セコいですね(笑)。でもよろしくお願いしまーす。飲み放題らしいので、飲みに来るだけでもお得!

Amazon 【最大70%OFF】ミュージックセール