読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダリブロ 安田理央Blog

フリーライター安田理央のBlogです。

続おやじびでお 第13話 テレビでオッパイが見られた時代

原稿アーカイブ テレビ エロ

 ネットには無修正が溢れていて、誰でも簡単にモロなエロが楽しめてしまう時代ではありますが、その一方でテレビ番組のエロ規制はずいぶん厳しくなってますね。地上波では、もうほとんどオッパイを見ることは出来なくなっています。

 私が子供の頃の70年代というのは、テレビにはもっとオッパイが溢れていました。ゴールデンタイムでも平気でオッパイが出てきたものです。大人気ドラマだった「時間ですよ」*1なんて、銭湯が舞台だからということで、女湯のヌードシーンがガンガン出てましたし、土曜の昼にやっていた「独占!女の60分*2でもエロネタが多かったですねぇ。土曜は半日で学校が終わるので、速攻で帰って見たものです。

 また深夜番組のパイオニア「11PM」*3もエロネタの宝庫でした。新聞のテレビ欄で「エロそうなサブタイトルだったりすると、もう見たくて見たくてしょうがありませんでした。早く親が寝たりすると、こっそり起きてイヤホンで聞いたりして。でも、おかげで親が起きてくる音が聞こえなかったりして。いや、それよりも何よりも、テレビ欄に書いてあるタイトルが全然内容と違ってることが多かったんですよ。「女子大生、夜のお勉強」とか書いてあってドキドキしながら見たら、本当に勉強してるだけだったとか……。
f:id:rioysd:20150131160713j:plain
11PM」三流劇画特集(1978年)


 私の家は飲食店をやっていて、閉店間際の9時くらいは両親ともお店に出ていたので「金曜スペシャル」*4は見放題でした。メジャー感のある「木曜スペシャル」や「水曜スペシャル」とは違って、「金曜スペシャル」は東京12チャンネル(現テレビ東京)放送ということもあって、安っぽくいかがわしいムードが満点。基本的にドキュメント番組なんですが、海外の風俗街のルポとか、「性の神秘」とか、実際には「11PM」よりもヌード度は高かったですね。お世話になりました。

 80年代になると、深夜のお色気番組は花盛りとなります。「11PM」の対抗馬として「トゥナイト」*5が登場。さらに「オールナイトフジ」「TV海賊チャンネル」「ミッドナイトin六本木」*6「さんまのサタデーナイトショー」など、土曜の夜は深夜番組がずらりと並んだのです。
 当時、中学生~高校生だった私には素人女子大生が売りのオールナイターズの魅力はイマイチわからなかったのですが、AV紹介コーナーがあったので「オールナイトフジ」は見逃せませんでしたし、お色気シーンに「終了まであと◯秒」とテロップを入れ、オナニーしやすいように気配りをしてくれた「TV海賊チャンネル」は最高でしたし、AV女優や風俗嬢が多数出演した「サタデーナイトショー」も、ややマイナーでありながらも個人的には大好きでした。
 なかなかAVもポルノ映画も見ることができない中高生には、深夜のお色気番組は重要なネタだったのです。

 そして90年代。「ギルガメッシュないと」を筆頭に、「殿様のフェロモン」「A女E女」といった過激な番組が一斉を風靡します。
 私は、この頃すでにエロ業界に関わりはじめていたこともあって、もうあまりこの手の番組は観ていなかったのですが、憂木瞳をはじめとして「ギルガメ」に出演したAV女優が次々ブレイク。と、いうか、90年代中頃はテレビに出てない単体女優は単体女優じゃないと言われるくらいに、テレビの存在が大きくなっていました。
 そういえば「殿様のフェロモン」で登場したハケ水車なんかは、風俗でも使われたりしてました。
 あの頃は、今よりもずっとみんながテレビを見ていたのだなぁと、改めて感じますね。
f:id:rioysd:20150131160810j:plain
ギルガメッシュないと」の飯島愛

 ところで、実は私、1999年に「トゥナイト2」に出演しているのですよ、なぜか新人AV監督として。北野誠と牛川とこが取材に来ました。チンコ握りしめて見ていた番組に、自分が出演することになるとは、と感慨深かったのですが数日後、実家から「お前、何やってるんだ?」との電話が。親は直接見ていなかったようですが、親切な近所の方が「おたくの息子さんがテレビに出てたよ」と知らせてくれたそうです。いやぁ、本当にあの頃は、みんなテレビを見てたんですねぇ……。

 しかし90年代末から、「公共の放送で女性の裸を映すのはいかがなものか」という抗議や圧力が目立ち始め、21世紀に入ると、こうしたお色気番組は姿を消してしまいます。
 最近でも「やりすぎコージー」や「おねがい!マスカット」のように、AV女優が登場する番組はあるのですが、やっぱりヌードは無し。もはや地上波でオッパイが登場する機会はほとんどありません。
 それでも、女性レポーターが全裸で温泉に入るフジテレビCSの「温泉に行こう!」シリーズ*7のような番組もあったりして、エロテレビの火は志のある者たちの手によって、密かに続いていくのでありました。 
 ネットやAVで、もっと過激なエロが見られるんだから、今さらテレビでちょっとしたヌードを見なくてもいいじゃないかと言う人もいますが、本来はエロじゃないところで、エロが出てくると、興奮するもんなんですよ。オールヌードの写真よりも、街頭のパンチラの方が嬉しいのと同じように。
有害図書」の区分販売が徹底されているように、テレビにおけるエロが追放されるのも、それはそれで正しいんでしょうけど、なんかつまんないですよねぇ。親にバレないようにドキドキしながら、夜中に「11PM」のエロシーンを息をひそめて待つ。今の子どもたちは、あんな興奮を持ってテレビを見ることはないのかと思うと、若い層のテレビ離れも何だか納得しますね。

TENGU(ジーオーティー)2011年4月号掲載。この辺のお話は昨年出た「【昭和・平成】お色気番組グラフィティ」に詳しいです。僕もAV女優のテレビ出演やCSお色気番組などについて書いてます。

*1:名演出家・久世光彦が手がけたコメディドラマ。第一作は1970年にスタート。以後、1989年まで6シリーズに渡って放送された。主演は森光子。堺正章樹木希林天地真理浅田美代子とんねるず工藤静香藤井郁弥中居正広なども出演した。

*2:1975年~1992年放送。ターキーこと水の江滝子、キャッシー中島、清水由貴子など出演者は女ばかりなのに、しっかりエロネタを扱ってくれた。

*3:1965年~1990年放送。大橋巨泉愛川欽也藤本義一などの司会による基本的にはカルチャー番組だが、火曜、木曜はエロネタが多く要チェック。いそのえいたろうの風俗レポートや、うさぎちゃんの秘湯の旅が人気だった。

*4:1970年~1984年放送。世界残酷物語的なドキュメントも多く、まさにエログロ路線をひた走っていた。

*5:1980年~2002年放送。山本晋也の風俗レポートが大人気。「ほとんどビョーキ」が流行語に。

*6:1984年~1985年放送。ドクター荒井の性感マッサージ生放送は衝撃だった。

*7:2009年~2010。常識を破って女性レポーターがタオルを巻かずに温泉に入る!と一部で話題に。ただし絶妙のアングルで乳頭は見えず。

Amazon 【最大70%OFF】ミュージックセール