読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダリブロ 安田理央Blog

フリーライター安田理央のBlogです。

続おやじびでお 第15話 SMがAVの主流だった時代

AV 原稿アーカイブ

 前回はSMモノを中心とした官能小説について書いたので、今回はSMのAVで行ってみましょうか。
 日本最初のSMモノだと思われる作品は82年の1月にVIPエンタープライズ(後のVIP)が発売した「48時間の裸体」「死虐の宴」です。この2作品はVIPの第一回発売作品でもあります。ブラックパックの回でも少し書きましたが、AVの黎明期ではSMは主要ジャンルであり、このVIPや宇宙企画、SAMM(現hmp)といった後に美少女AVで有名になるメーカーも、設立当初はみんなSMモノを手かげていたのです。まぁ、VIPの前身はスカトロビニ本で名を馳せた群雄社、SAMMの前身は六本木のSMクラブだったので、当然と言えば当然の流れではあるのですが。

 黎明期にSMモノが多かった理由として、SMならセックスシーンが無くても成立するというメリットもあったのです。当時のAVでは修正をするのも大変だったためアングルで隠すという映画的な手法が主流でした。セックスしてるのに下半身を全く映さないなんて作品もあったほどです。
 その点、SMでは雑誌グラビアなどのノウハウがあり、縄や剃毛用のシェービングクリームなどで股間を隠すという手法が使えますし、本番シーンが無くても成り立つので、男の性器も登場させなくて済むわけです。

 この82年にはSMの名門メーカー、アートビデオも第一作となる「地下室の淫魔」を発売しています。社長であり看板監督でもある峰一也*1は、当時はSM写真のカメラマンで、家庭用に買ったビデオカメラ一台で撮影したといいます。この頃は、編集も出来ないため、頭から順に撮っていったそうです。失敗は許されない、まさに一発勝負の撮影です。
 こうして制作された初期の作品は通販のみで販売。SM雑誌に広告を載せただけなのに、毎日たくさんの現金書留が届いたというから、今から考えるとなんとも羨ましい時代です。だって当時は一本1万5千円もしたんですよ。
f:id:rioysd:20150205181739j:plain
初期のアートビデオ作品「こずえのマゾレポート」


 翌年には、アートと並んでSMの両巨頭となるシネマジックも誕生。こちらは、SM雑誌の編集者だった吉村彰一*2が立ち上げたメーカー。吉村氏はそれ以前にもバンビデオ*3、スタジオ418*4といった黎明期を代表するSMメーカーにも関わっていました。
f:id:rioysd:20150205181954j:plain
バンビデオの「知世の性春」

f:id:rioysd:20150205182040j:plain
スタジオ418の「SM大絶頂クラブ」。

 前回でも書いたように、童貞高校生の癖にSM雑誌にハマっていた私が最初にレンタルビデオ屋で借りたAVがこのシネマジックの「女子校生調教 浣腸ゼミナール」でした。80年代AV業界のカルトスターとなる中野D児*5が男優として登場するSM作品です。その後も宇宙企画の美少女系と交互にSM系のAVを借りては見ていました。個人的には、きっちりした撮影のシネマジックよりも、マニア色の強いアートビデオやスタジオ418の方が好きでしたね。特にアートビデオでは、名物男優だった黒田透*6の狂気を秘めた演技が好きでした。いや、ホントにカッコイイんですよ。だって、あのゴールドマン監督も黒田氏に憧れてアートビデオの門を叩いたほどなんですから。

 AV業界はやがて黄金期を迎え、作品はどんどん洗練されていきました。そしてSMモノもまた当初のマニアの手作り感が薄れて、きっちりとした作品になって行きました。しかし、完成度が高まっていくにつれて、私の興味は薄れていってしまったんですね。あのいかがわしいマニアっぽさが好きだったんですよ、私は。
 90年頃になると、レンタルのAVとは別にマニア向けの自主制作のAVというものが増えていきました。これは通販やマニアショップのみで販売されるもので、パッケージは一色コピーや、生写真を貼りつけただけという極めて手作り感の強いもの。おお、これは私がSMモノに求めていたものではないか! もうその頃はライターとして活動しはじめていたので、仕事にかこつけて、こうした通販ビデオを手当たり次第に見るようになりました。

 佐藤義明の「SMマニア撮り」シリーズや、松下一夫の「美少女スパイ拷問」シリーズ*7なんかが面白かったですね。もういかにも自分たちがやりたいプレイをそのまま撮ったみたいなノリなんですよ。カメラも固定のままだったりして。緊美研*8の緊縛ビデオのストイックさも素敵でした。
 この手の通販ビデオは、SMよりもフェチ方面が主流になっていき、やがてインディーズと呼ばれるようになります。そしてどんどん「普通の」AV化が進んでいき、90年代半ばには既存のレンタルAVを脅かす存在となり、21世紀には完全に立場が入れ替わることになるのはご存知の通り。それは私が愛したマニアックな手作り感溢れる通販ビデオとは、もはや全く違うものなっているのですけれど。

 現在、AVにおいてSMモノは非常にマイナーなジャンルとなってしまいました。アート、シネマジックの二大巨頭は健在ではありますが、当時とはだいぶカラーが変わっています。第三勢力として登場したアタッカーズも、一時期よりSM色は薄れてきています。そしてその他にSM専門メーカーは見当たりません。
 かつての通販ビデオのような手作りインディーズAVも、まだあるのですが、こちらはフェチかM男性向けが主流。女性を責めるSMモノは今ひとつ元気がないようです。その一方でSMっぽいプレイなどは単体モノなどでも登場するようになり、いわゆる拡散と浸透が進んでいるわけですね。
 もはやノスタルジーにしか過ぎないとは思いますが、古きよき伝統のSMをもっと見たいですねぇ。最近復刻が進んでいるアートビデオの初期作品など見ると、その思いを強くしますね。SM、カムバック!

TENGU(ジーオーティー)2011年6月号掲載。現在はSM要素を取り入れた作品は多いのに、あえて「SM」とはうたわない傾向がありますね。SM好きとしては残念。

*1:90年以降は女性をひたすらイカせるという路線に。通称ミスター・ミネック。

*2:社長であり監督であるという点では峰氏と同じ。もともと映画志向ということもあり、一般映画の制作も行っている。

*3:「エマニエル女子高生」「知世の性春」などセーラー服モノが多かった。

*4:どこかコミカルなタッチのSM作品が多かった。今では絶対にできない過激な露出モノにも定評あり。「SM麗奴」では黒木香の貴重な浣腸シーンも。

*5:エロ本編集者から男優、監督として80年代のAV界で活躍。「D-TIME45」という自主レーベルをヒットさせインディーズブームの先駆けとなった。世界的に知られるローリングストーンズのコレクターだったという顔もアリ。

*6:89年以降は夢流ZOUという名前で監督として活躍。

*7:ルパン三世第一話の峰不二子くすぐりシーンに影響を受け、延々と女性をくすぐり責めにかけるという内容。なんとアニメ版も存在する。

*8:カメラマンの不二秋夫、縄師の濡木痴夢男によって85年に結成された緊縛美研究会。一般的なエロ要素を廃し、ひたすら緊縛美を追求する姿勢が特徴。

Amazon 【最大70%OFF】ミュージックセール