読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダリブロ 安田理央Blog

フリーライター安田理央のBlogです。

LINE@はじめました

告知 ネット

f:id:rioysd:20150221170045p:plain
突然ですがLINE@をはじめてみました。LINE@というのは、基本的には店舗や会社向けのLINEのサービスで、普通のLINEが友だちとの一対一、もしくはグループ内でやりとりするのに対して、友だち(顧客やファン)に一斉配信が出来て、なおかつ友だちからの個別の問い合わせには、一対一でやりとりできるというものです。
言ってみれば、Twitterの通常のつぶやきとDMをLINEの中で行えるという感じでしょうか。

f:id:rioysd:20150221170100p:plain
僕のLINE@を例に取って説明してみましょう。Aさんが僕のLINE@に登録した場合です。
まずAさんがスマホでこのQRコードを読み取って、僕のLINE@アカウントをLINEに登録します(@YSG8387G で検索しても登録できます)すると「公式アカウント」の中に「安田理央」が登録されます。

僕がLINE@アカウントから発言すると、「安田理央」を登録している「友だち」に一斉に届きます。そして、それを見たAさんが僕に「返信」すると、それは僕にだけ届きます。そして、僕はAさんにのみ返事できます。つまり、一斉配信以降のやりとりは普通のLINEと同じなんですね。
例えば僕が「明日、○○のトークショーに出演します。来てね!」と一斉配信したのを見て、Aさんが「安田さんの出演は何時からですか?」と返信したとします。そして僕は「19時からです」と答えます。そしてAさん「では予約をお願いします」僕「了解です。ありがとうございます」と続きます。この場合、「出演は何時?」以降は、僕とAさんの間だけでの通常のLINEのやりとりとなるわけなんですね。

圧倒的な普及率を誇るLINEを使って、メールマガジンTwitterと通常のLINEのいいとこどりをしたシステムと言えるかもしれませんね。
他にも「LINE内に専用のホームページを作れる」「タイムラインでのお知らせ(書き込み)ができる」「クーポンを配信できる」など色々できるみたいです。

で、こうしたサービスはLINEの公式アカウントでもできてたわけですが、あちらは初期費用が800万円から、月額250万円からと、めちゃくちゃ高いんですね。もちろん、色々できること、できないこともあるんですが、とりあえず小さな店や個人ベースでやるなら、LINE@で十分みたいです。ちなみにLINE@の無料プランだと、月あたり1000吹き出し(メッセージまで)なので、積極的に活用するには月額5400円の有料プランが必要になるのかもしれません。

ま、僕なんかはあくまでも実験ということなので、とりあえず無料プランでどんなことができるのか試してみようと思います。
ぜひ、僕のLINE@アカウント、登録してみてください。できるだけ返信もしたいと思います。可愛い女の子は特に歓迎です(笑)。

ま、とりあえず、新しいこういうサービスには、なんでも飛びついてみるタチなんです。


LINE@で販促・ファンを獲得!無料アプリで簡単に始めるビジネス向けLINE

Amazon 【最大70%OFF】ミュージックセール