読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダリブロ 安田理央Blog

フリーライター安田理央のBlogです。

台鉄パイコー弁当 記念ステンレス容器・巾着袋付(2200円/台湾 台北駅/C-3)

駅弁大会

 2003年、2004年に登場し、大人気だった台湾の駅弁が復活! あの時も瞬殺だったし、今回は午前8時半から整理券配布というシステムなので、これは入手困難だろうなぁ、と半ばあきらめていたのですが、行ってみると楽勝で整理券がもらえました。おお、ラッキー。でもきっとこれから人気が出てくると思いますよ。

 さて、この「台鉄パイコー弁当」、弁当単品だと1000円ですが、記念ステンレス容器と巾着袋が付くと2200円。容器と巾着袋が1200円というのは、高いのか安いのかはともかく、限定記念品には弱いですからね、当然セットの方を購入しました。
 でも、弁当はステンレス容器に入ってるわけじゃなくて、別添えなんですね。なんかそれはちょっと興ざめ。
https://www.instagram.com/p/BAOgpHXjWyR/

 というわけで、弁当をステンレス容器に入れて食べてみました(笑)。

https://www.instagram.com/p/BAOiI24jW0R/

 注意書きに「小物入等にご利用下さい。食品用の容器としてご使用される場合には、充分に洗浄の上に乾燥させて下さい」と、熱湯消毒のやり方まで書いてあったので、ちゃんとそれ通りに洗浄してから、弁当の中身をステンレス容器に移しましたよ。

 ドテっと大きなパイコー(揚げ豚肉)とさつま揚げと煮玉子、刻んだ漬物というシンプルかつインパクトのあるオカズ構成。こんな大胆な駅弁は日本だとなかなか無いですね。異国情緒たっぷりだ!
 そして主役のパイコー。カツ丼風にツユで煮てあるんですが、やはり八角風味がして、いかにも台湾、という味。さらにさつま揚げに煮玉子と来るんだからボリュームは満点ですよ。その分、もうすこしご飯があってもいいかなという感じです。
 ステンレス容器は、なかなかしっかりした作りで、これから色々使えそうな感じ。そして巾着袋、なかなか可愛いデザインです。というか、これ巾着袋じゃなくてバッグじゃないでしょうか……。こっちも重宝しそう。うん、これで1200円は、悪くないですね。

 

Amazon 【最大70%OFF】ミュージックセール