ダリブロ 安田理央Blog

フリーライター安田理央のBlogです。

やっと面白いアダルトVR作品に出会えた? 『【VR長尺】当然、勝手にAV化!イケメンの友達がほろ酔い状態の女の子を僕の部屋に連れて来た!女に無縁の僕にはそれだけで大興奮なのに超過激でHな王様ゲームが始まっちゃって…VR編』(お夜食カンパニー)

 基本的に僕はアダルトVRには否定的な立場を取っています。「これからのアダルトはVRだ!」なんて興奮気味に語る人もいますが、僕はあまり賛同できません。
 どう考えても、それほど普及するとは思えないからです。その理由を上げていくと、キリがないほど並べられるのですが、一番ネックになると思われるのが、いちいちVRゴーグルを装着して見ないといけない点でしょう。

 AV、というかズリネタの現在までの歴史を見ていくと、常に主流はより手軽に楽しめるフォーマットへと移り変わっています。映画館で見る成人映画から、自宅で見られるAVへ。そしてさらに手のひらで見られるケータイ、そしてスマホ動画へ。いくら高画質でも、「こっそり」見られないものは普及しません。大画面で見ないと意味のないブルーレイがAVではさっぱり普及していないのが、その証拠です。

 そういう意味では、ゴーグルをつけないと見られないVRはハードルがかなり高い。AVがオナニーのためにあるコンテンツだとするならば、ゴーグルをつけたままでオナニーするというのは、完全に誰も入ってこないことが保証された個室の中でもない限り、なかなか出来ないことです。家族と同居している人には危険すぎる。留守中だからと思ってゴーグルつけて楽しんでいる時に、不意に家人が帰ってきたとしたら……。視覚聴覚を遮断されている身では、物音に気づくことすらできないのです。その悲劇の光景は、想像するだけでも恐ろしい。

 そして内容的にもアダルト、というか現在のAVのコンテンツはあまりVRと相性がよくないように思えるのです。
 まず現時点では、撮影方法の関係で、ユーザー(主観者)が受け身にならざるを得ないんですよね。具体的に言うと、正常位のセックスを撮るのが難しい。VRに向いているのは、相手が動いてくれる騎乗位や、女性からの愛撫なのです。カメラが動くと非常に見づらい映像になってしまうからです。
 なので、現在のアダルトVRの主流は、痴女物とフェチ物になっています。いや、その辺のジャンルとVRは非常に相性はいいとは思うんですよね。

 僕もアダルトVRの作品は、結構見ていますし、イベントなどでのデモンストレーションも体験しているんですが、面白いなと思ったものは、痴女物(特に複数痴女物)やフェチ物です。女性がこちらに何かしてくる、というプレイは非常に臨場感があって興奮します。
 しかし、そうなるとアダルトの中でも制限されたジャンルしかVRは活かせないということになります。なにしろ王道中の王道である正常位セックスがダメというのは、キツイ。
 Mっ気のある男性やフェチ趣味の男性しか、VRは楽しめない。となると、アダルトVRが普及すると、男性のマグロ化が進行するという恐れも?(笑)

 とはいいつつも、基本的に新しい物好きではあるので、常にチェックはしているのです、VR。アダルトVRエキスポにも足を運びましたし、VR手コキ風俗も体験取材しました。VR動画もちょくちょく購入しています。
 でも、なかなか本気で「これは面白い!」と言えるような作品にはめぐりあえませんでした。せいぜい期待値込みで評価、というレベルです。
 ところが初めて「おお、これはいい! これこそVRならではのアダルト!」と思える作品に出会いました。えー、ストレートに言うと、初めてVRでオナニーしちゃいました(笑)。


【VR長尺】当然、勝手にAV化!イケメンの友達がほろ酔い状態の女の子を僕の部屋に連れて来た!女に無縁の僕にはそれだけで大興奮なのに超過激でHな王様ゲームが始まっちゃって…VR編

 その作品が『【VR長尺】当然、勝手にAV化!イケメンの友達がほろ酔い状態の女の子を僕の部屋に連れて来た!女に無縁の僕にはそれだけで大興奮なのに超過激でHな王様ゲームが始まっちゃって…VR編』です。タイトル、長すぎですが、ここのメーカーの作品はみんなこんな感じのタイトルです。

この作品、DMM.R18の動画配信ランキングで1位を独走中(2017年5月27日現在)。VRのランキングではなく、すべてのアダルト配信動画の中での1位ですよ。RIONや三上悠亜今井メロを抑えての堂々1位ですよ。

 僕がこの作品に注目したのは、タイトルにもあるように長尺、つまり171分だと言うこと。つまり3時間弱! アダルトVR作品は、だいたい10分から30分と短いのが普通なんですね。それは制作上の都合もありますし、VRゴーグルつけたまま長時間見るのはキツイ、あるいはVRはデータが大きいので長時間となるとダウンロードするのが厳しい、なんて理由があるからです。
 でも実は僕はこの『(前略)Hな王様ゲームが始まっちゃって…』を作ったメーカーであるお夜食カンパニー(正確に言うと、そのグループであるHHH)の作品がもともと好きだったんですね。

 HHHグループの作品は、男性がエッチなシチュエーションで美味しい目にあっちゃう様を長時間でドキュメント風に撮るというもの。なので、実際にエッチなシーンに至るまでが何十分もかかったりするんですが、女の子たちの演技が自然で、すごくリアリティがあるんですよね。いや、あまりに都合良すぎるという意味ではリアリティは無いんですけど、もしかしてこんなことあるんじゃないかな、と思わせてくれるんですね。そしてそれは、そのダラダラした長時間撮影によるグルーヴから生まれる魅力なんです。

 ちなみにこのHHHグループのメーカーであるHunterの作品「女子に囲まれて男は僕ひとり!?の王様ゲーム 7」は僕の2015年度の個人的ベストAV第一位でした。
dxbeppin-r.com

 これを長時間でVRで見たら、すごく没入感があるんじゃないか? そう直感したのですよ。ええ、購入しましたよ、『(前略)Hな王様ゲームが始まっちゃって…』、現在キャンペーン期間で半額なので990円(6/10まで)。実はVRゴーグルもそれまで某誌編集部に借りて使ってたのを返却しちゃったので、新たに「Virtoba X5」ってのを買い直して(笑)。
 そして、僕の予測は大当たり。『(前略)Hな王様ゲームが始まっちゃって…』は素晴らしいVR作品だったのです。

 内容は、もうタイトル通りです(笑)。ちょっとチャラいイケメンの友達が飲み屋で知り合った女子大生二人を主人公(主観者)の部屋につれてきて、4人で部屋飲みをすることになる。そして酒が進むうちに王様ゲームが始まり、命令はどんどんエスカレートし、最後には4人で乱交状態に、というもの。
 まず、この二人の女子大生が大変よいのです。それほど可愛いというわけではないのですが、いい感じに緩くてノリがよくて、そして巨乳なんですね。もう服の上からも、はっきりと「デカい…」とわかる巨乳。そしてミニスカ。最初に飲んでる時点でパンツは丸見えですよ(笑)。
 そんなパンツ丸見え巨乳女子大生と2対2で部屋飲みしているだけで楽しいわけですよ。VRなので視点を移してパンツをじーっと見ていることだって出来るんですよ。ああ、素晴らしいな、VR(笑)。もう、飲み会だけしてるVRでもいいな。

 そして始まる王様ゲーム。左右からポッキーを食べるなんて定番からはじまって、ディーブキスをする。おっぱいを揉む、股間を触る、服を脱ぐ、フェラをすると、だんだん行為がエスカレートしていきます。女の子たちの酔いが回っていって、プレイが過激になっていく過程も自然なんですよね。
 王様ゲーム自体はガチでやってるのか、時には男と男(イケメンの友達と主観者)でエッチなことをしなくちゃいけないなんて局面もあったりして(笑)。それもまたリアリティがあって盛り上がります。
 まるで本当に王様ゲームに参加しているかのような気分。それは長尺VRだからこそ体験できる感覚なんですね。
 命令によって女の子が巨乳をポロンと出した瞬間、女の子の耳を舐めて来た瞬間(その時、彼女の顔は見えないけど、耳元に吐息や音が聞こえるのが素晴らしい)、そして時々、横の女の子の方を見て、視線があったりした時のドキっとする瞬間。
 おお、まさしくこれこそバーチャルリアリティ! と思いましたね。

 そして、王様の命令で一人の女の子が友人にフェラをしているのを見ているうちに、もう一人の子が「なんか興奮してきちゃったね。ねぇ、私も舐めていい?」なんて見つめて囁いてくるんですよ。これはたまらない。
 そこから二対二のセックスへとなだれ込んでいくわけですが、上手いなと思ったのは、一人の女の子と自分がセックスしている横で、もう一組がセックスしている。そして時々パートナーを入れ替える。つまり、主観撮影だと、どうしても相手の身体が見えづらくて、単調になってしまうところを、横で他の男とやっていることでカバーしてるんですね。主観でありながら、客観でも見られるという。更にそこにちょっと寝取られ要素まで感じられる(笑)。

 ただ、やっぱり正常位はなかったですね。身体を倒した騎乗位で、正常位っぽくは見えるけど、女の子が自分で動く。正常位とVRというのは、なかなか難しいテーマのようです。
 というか、本作もセックスよりも、その前の王様ゲームのギリギリ感の方がエロいんですよね。没入感がすごかった。VRと微エロは相性がいい。もともと僕自身がAVでも本番シーンにはあんまり興味がなく、そこに至るまでの過程の方に興奮するという嗜好(一番好きなのは初脱ぎシーン!)ということもあるんですけど、それを差し引いても、やはりVRは挿入行為そのものを描くのは不得意だと思うんですよね。アダルトVRは本番を中心とする従来のAVの文法とは別の作り方が必要となるでしょう。個人的にはそうなってくれた方が僕好みの作品が増えてうれしいかもしれない(笑)。
 とはいえ、ユーザーの大半はやはりストレートなセックスが好きだというのも現実なので、そうした方向だと広い範囲のニーズを獲得するのは難しいだろうなぁ。

 ともあれ、アダルトVRがそれほど普及はしないだろう、という考えは変わりませんが、初めて本当に面白いと思える作品に出会えたというのはうれしかったですね。
 ちなみにこの『(前略)Hな王様ゲームが始まっちゃって…』はVRではない、通常のAVバージョンも出ていますので、VR環境が無い方はこちらで見ても十分楽しめると思いますよ。
 また、長時間につきデータ量も膨大なわけですが、ダウンロードだけではなくストリーミングでも見られるので、スマホの容量を気にしないでもいいのはありがたいです。
 しかし、VRじゃなくて、本当にこんな王様ゲームしてみたいなぁ。王様ゲームなんて、仕事でしかやったことないよ…。

www.dmm.co.jp
www.dmm.co.jp

Amazon 【最大70%OFF】ミュージックセール