ダリブロ 安田理央Blog

フリーライター安田理央のBlogです。

エロスクラップで節電オナニーを!

※2011年3月に書いた原稿です。

 いや、もう本当にこんな原稿書いている場合じゃないんですよ。日本が大変な時に、こんな不謹慎な原稿書いてたらいけませんよ。こんな原稿書いて、貴重な電気を無駄にしちゃいけません! 本当、申し訳ないです。

 というわけで、東京もあの地震以降、節電ムードになっております。店も照明を落としたり、営業時間を短縮したり。我が家だって、極力エアコンを使わないようにしたりして、寒さにブルブルと震える生活をしてますよ!
 そして計画停電というものがあるわけですよ。幸い、僕の自宅も仕事場も、停電しないエリアなんですが、それでもいつ停電がやってくるかわからない。
 電気に頼り切った生活をしていると、こういう時に困るんですよね。テレビも見られないし、やることないから、オナニーでもしようか。あっ、でもDVDもパソコンも使えないじゃん!

 電気に頼ったオナニーライフを送っていると、こういう時に困っちゃうわけですよ。いや、ま、僕は実は基本的に写真&文章派だから、大丈夫なんですけどね。
 とは言っても、最近は僕も、画像も文章もPCのモニター、もしくはiPhoneで見るという電気に頼ったオナニーライフになっちゃっていました。

f:id:rioysd:20180604194920j:plain
やっぱりスマホ、便利ですよねぇ。

 これはいかん。オナニーなんて不謹慎な行為に無駄な電力を使うなんて。いやむしろ、電気がないからオナニーできないなんて、そんな軟弱なことでは立派なオナニストとは言えないでしょう。いつでもどこでも、やりたくなったらできる、そういう心構えでいたいものです。ま、人目があるとこでは、やらないですけどね。

 てなわけで、エロ本オナニーを見直そうかと思ったのですが、ただエロ本を読みながらというのは芸がない。というか、PCやiPhoneでは、自分の好きな画像やテキスト(小説の一部分など)をまとめて見ながらやっているので、通常のエロ本だと、もうちょっと勝手が違っちゃうんですよね。

 そこで思い出したのが、エロスクラップ。みうらじゅんさんがやっているのが有名ですが、官能作家の睦月影郎さんもやっていましたし、実践していた人は多いようです。
 そして、僕もかなり熱心にやってました。高校生くらいからB5ノートにコツコツと、好きな写真や漫画のシーンを貼りつけてベッドの下に隠しておいたりして。ひとり暮らしをするようになってからは、大判のスクラップブックを使ってワイド版にグレードアップ。
 僕の場合は何冊も作るのではなくて、少しづつ貼り替えたりして濃縮した「究極のズリネタ」として練りあげていくスタイル。結局、エロライターになって、結婚もしてからも、しばらく作っていましたね。

 んで、そのエロスクラップを引っ張り出してみたんですよ。そうしたら、これが今でも十分に使えるの。なんだかんだで、僕はエロの趣味があんまり変わってないんですよね。なにしろ今でも一番のズリネタが、小学生の頃に初めて読んだ永井豪のエッチ漫画「イヤハヤ南友」と「けっこう仮面」なんですから。もう30年以上も愛用してるんですよ。当然、エロスクラップにも「イヤハヤ南友」や「けっこう仮面」の絵が貼りつけてあるわけなんですけどね。

f:id:rioysd:20180604195756j:plain
SM要素多めです。セリフにも興奮するタイプです。

f:id:rioysd:20180604195910j:plain
こちらもSM要素多め。伊藤つかさのブロマイドが泣けますね。

f:id:rioysd:20180604200011j:plain
これはグラビア中心ページ。表紙って結構イイんですよね。

f:id:rioysd:20180604200101j:plain
デリヘルのチラシって妙にエロいですよね。

 ああ、いいなぁ、エロスクラップ。大判のスクラップブックだと、見開きでA2というワイド画面になって、すごく情報量があるんですよ。こういうゴチャゴチャっとした感じ、好きなんですよね。どこを見ても、自分が厳選したネタという。
 このひと見開きだけで、一発はいけますよ。

  じゃあ、久しぶりにエロスクラップやってみるか、と思い立ったわけです。十数年ぶりですよ。やり方、覚えてるかなと不安になりながら。

  まずはスクラップブックを用意します。できればA3の大きな奴。大きければ大きいほど、たくさん貼り込めて楽しいです。
 そしてハサミとカッター、そしてスティック糊。僕は何度も貼ったり剥がしたりできるポスト・イットのスティック糊を使っています。これ、結構便利ですよ。

 あとは、好きなエロ本を山ほど用意。僕の場合はエロ画像とアイドルグラビアを同時に貼るのが好きなので、漫画雑誌のグラビアなどを使うことが多いですね。ま、最近はグラビアもすっかりAKBばかりになっちゃって、グラビアアイドルの元気が無いのが残念です。

f:id:rioysd:20180604200417j:plain
水着グラビアはヤンマガ派です。


 エロ本で欠かせないのが投稿誌。写真もエゲつないのが多くて嬉しいのですが、キャッチコピーや文章がまたドエロなところがいいんですね。もうキャッチコピーだけで、ご飯三杯いけそうな感じ。
 パラパラとめくっていって、これだ!という写真やキャッチコピーを、どんどん切り抜いていきます。

f:id:rioysd:20180604200609j:plain
いわゆる「夏岡文体」最高ですね。

 市販されているエロ本だと、モロ画像はないのが寂しいところ。グラビアアイドルの写真の横に無修正のアソコやアナルがカパッと大写しになっているというミスマッチが、僕にとってはエロスクラップの最大の魅力なわけです。以前は裏本などを切り抜いてましたが、今はその辺はすっかりネットで収集するようになってますからね。お気に入りの無修正画像などはプリントアウトしましょう。
 またAVや裏ビデオなども、いいシーンをキャプチャーすれば、静止画になります。
 実は静止画派の僕は、普段からわざわざ動画をキャプチャーして静止画にしたりしてるんですよ。

f:id:rioysd:20180604200926j:plain
カラープリンターがあるとエロスクラップの幅は大きく広がります。

 漫画も大事です。僕はエロい台詞にグッとくる方なので、絵だけじゃなくて、台詞だけを切り抜いて使ったりもします。
 漫画の場合はコピーして使った方が何かと便利ですね。
 さっきも言ったように、永井豪先生の昔のエッチ漫画も欠かせません。あと、僕が好きなところは鋭利菊将門つかさ木谷さい、まいなぁぼおい、堀川悟郎上藤政樹小邑紗希シン・ツグル未由間すばる、MARO、向井正義、Dr.ぴょんRといったところ。ええ、羞恥モノが好きなのですよ。というか、それしか萌えないんです。

f:id:rioysd:20180604201120j:plain
コピーして貼り付けます。雑誌だとそのまま切り抜くこともありますが。

  そして小説。文章で興奮する派の僕としては、これは重要なのです。官能小説の一番興奮するシーンをコピーして貼り込みます。エロ雑誌の記事なんかを貼る時もあります。
  文章と、その周りにある画像が同時に目に入ると、興奮も倍増するんですよ。

f:id:rioysd:20180604201252j:plain
団鬼六先生、結城彩雨先生、杉村春也先生、藤隆生先生がお気に入りです。

 さぁ、これらの「ネタ元」から気に入った写真や絵、テキストをどんどん切り抜いていきます。雑誌は、もう捨てようと思っていた本を使うわけですが、そんな中でも、これはいいなって写真が一枚はあったりするもんですよ。自分の琴線に触れたら、躊躇せずに切り抜きます。どうせ捨てようと思ってた雑誌です。いらなかったら、また捨てればいいんですよ。

 この感覚って、僕がここ数年ハマっているTumblrというネットサービスに近いんですね。Tumblrは、ネット上のスクラップブックみたいなもので、気に入った画像やテキストをどんどん自分のスペースに溜め込んでいけるんです。ちょっといいと思ったら、すぐに「Reblog」(自分のスペースに貼ること)。それを繰り返していると、自分のスペースはお気に入りの画像ばかりが集まっている。つまり、このエロスクラップと同じような状態になるわけです。

 十数年前にエロスクラップは卒業したと思っていたけれど、またデジタルで続けていたということなんですね。
 

f:id:rioysd:20180604202018j:plain
素材をセレクトしてるだけで楽しいんですよね。

  さぁ、いよいよ「編集」開始です。どうレイアウトするかで、エロスクラップの魅力は大きく左右されます。
  いくらTumblrがデジタル版エロスクラップといってもこれだけは再現できないですよね。
  僕は、まず大きい写真が多いアイドルグラビアを先に貼り込みます。関係ない背景などは、ザクザク切り落としちゃいます。ええ、芸術性なんかいらないですからね、エロスクラップには。

f:id:rioysd:20180604202200j:plain
ビキニはいいですよねぇ。ビキニのグラビア最高。

 テキストも貼ります。団鬼六先生の超名作「肉の顔役」から、お尻の穴をさらけ出させられるシーンなので、その周囲にアナルアップの写真も貼ります。ちなみに篠原杏ちゃんと笠木忍ちゃんのAVからキャプチャーしたものであります。

f:id:rioysd:20180604202258j:plain
シチュエーションに合わせた写真を選ぶことで興奮もアップ!

 水着グラビアは、ギリギリのところで水着を切り抜くと、ヌードに見えるわけですよ。こういう細かい工夫が、全体のエロさをグーンと引き上げるわけですね。手間と工夫を惜しんではいけません。

f:id:rioysd:20180604202404j:plain
こういうことが出来るので肩紐ナシ水着は好きです(笑)。

 ここではモザイクをかけてありますが、本当は無修正のアソコのドアップ画像なわけです。そして、そこに漫画の台詞を貼るのです。
「さぁ みんな よォ~く見てェ これが可愛い桃音ちゃんのオマ◯コよ いっぱい見てェ!!」
 友永和先生の「MOMONE」からの台詞であります。この台詞があるだけで、エロさが何倍にもアップするのですね。
 ああ、楽しい。

f:id:rioysd:20180604202520j:plain
責め手のセリフが重要なんです!

 さっきは水着を切ることでヌードにしてみましたが、今度は水着部分にキャッチコピーを貼ることで、ヌードっぽくします。また、その横にエグいおっぴろげ画像があることで、よりエロさが引き立ちます。
 こうなれば、もうどこからどう見てもトップレスのヌードです。

f:id:rioysd:20180604202629j:plain
しかもエグいキャッチコピーで隠すというところがミソです。

 というわけで、これで一見開き完成です。ここまで作るだけで、もうかなり興奮度は上がっております。ちょっと、次の見開きを作れる状態ではありません。

f:id:rioysd:20180604202746j:plain
もうどこを見ても自分のツボ!という究極のズリネタが完成!

 ちょっと失礼させていただきます。せっかくなのでオナカップも使ってゴージャスなオナニーを楽しませていただきますね。
 もうこの見開きを、じっくり眺めるだけで十分イケます。そういえば、昔、エロスクラップ作ってた時も、前のページを見てて我慢できなくなっちゃって、結局新規ページを全然作れなかったんだっけなぁ。

f:id:rioysd:20180604202857j:plain
まぁ、本当はあんまりオナグッズは使わない派なんですが。

 何しろ自分のツボのネタばかりなわけですからね。そりゃあ、効きますって。
 それでは、ここで失礼させていただきますね。また、来月!


 ※「安田理央のいい大人」第10回 「メンズナウ」2011年3月掲載。あの大地震の直後にこんな原稿書いてました。すいません、すいません。今はパソコンやスマホでお気に入りの画像をランダムにスライドショーで見るのがメインになりましたね。相変わらず静止画中心ではあるんですが。

Amazon 【最大70%OFF】ミュージックセール