読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダリブロ 安田理央Blog

フリーライター安田理央のBlogです。

熟女フィギュアの妖しい魅力

 先日の「アダルト・トレジャー・エキスポ2007」 (Webスナイパーでもレポート書きました!)で、一番印象深かったのは、ベイビーエンターテイメントの緊縛ショーでもAVギャルの撮影会でも村西監督の講演でもジンギスカン屋台のメイドでもなく、T&Mというメーカーのフィギュアでありました。このイベントを主催したトレジャーワークスが、時代劇フィギュアやエロポンを作っているメーカーということもあるせいか、エロフィギュアのメーカーも多数ブース出店していたのですが、その中でもT&Mの作品には心を惹かれましたね。多くのエロフィギュアが若い女の子やロリ少女をモチーフにしているのに対してT&Mはオトナのオンナ、熟女をフィギュア化してるんですよ。
 するならともかく(笑)、AVや写真で見るなら熟女より若い子の方が好きな僕ですが、T&Mの熟女フィギュアの艶めかしさにはグッと来ましたね。脂の乗った女体のラインがなんともエロいんですよ。こういう質感というのは、若い子のフィギュアにはないんですよね。ミスマッチが生むエロティシズムとでも申しましょうか。ポージングもまた、熟女っぽいエロさがあっていいですねぇ。日本のエロ、ここにあり(笑)。髪をアップにしたのと、下ろしたののバージョン違いがあるのもいいです。
 いや、実は当日、彩色済みの完成品を格安で販売してたんですが、後で買おうかなーと迷っていたら、みんな売れてしまっていた(泣)。自分で彩色できる技術は無いしなぁ。
 ちょっと人形フェチの気があるのか、ラブドールも好きだし、エロフィギュアなんかはアキバとか行くとつい眺めてしまうのですが、高価だし場所も取るので、なかなか買えないんですよね。ガシャポン系のミニエロフィギュアとか買って我慢してるんです。でも、これは久々に心が動いたなぁ。
 まだこのメーカーさんだけしか作っていないようですが、エロ本もAVも熟女人気凄いから、熟女フィギュアブームも来るかも知れないですね。
 ちなみにワンフェスにも出展するのかー(B23-04)。うーん、このために行っちゃおうかな(笑)。

T&M公式サイト http://homepage2.nifty.com/tm-office/

Amazon 【最大70%OFF】ミュージックセール