読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダリブロ 安田理央Blog

フリーライター安田理央のBlogです。

「idolpops for Y'all」でVJしました

イベント・ライブ 音楽活動

「idolpops for Y'all〜 Bittersweet Samba 〜」@MOGRAにVJとして参加してまいりました。いやー、雪だというのに満員御礼。大盛り上がり大会でありました。しかし、ガチにアイドルポップスで踊り狂うイベントだったんですね。もっと、まったりしたノリだと思ってたので、僕らのVJ、イロモノ連発で完全に場違いな感じで申し訳ない。でも、まぁ、あとでTwitterの反応とか見ると、好評だったみたいで、ホッとしました。


この日のVJは僕と伊基公袁とのDAMMUNE体制。主に伊基公袁がカメラとPC(ノートPCでクリップやYouTubeなどの画像をカメラで撮影)し、僕がDVJ-1000でネタを流し、それをミキサーにぶちこんで出力という感じでやりました。

VJを担当したのはtakisaka、みぎてつや、spo0nの3人のDJタイムと、SWEETSOUNDSのライブ、そして僕のshow time(笑)。show timeといっても、事前に編集したDVDを流しただけなんですけどね。

その時のセットリストです。
1 小森愛「廊下は静かに」より「春夏秋冬」

2 秋元ともみ「青空に星いっぱい」dario's EDIT+LIO「イパネマの娘

3 ミリオンガールズ2010(藤井シェリー・大石のぞみ・麻倉憂「放課後エッチタイム」より「あなた! あなた! あなた! 大好き!!」

4 笠木忍「ハートがまっぷたつ」dario's EDIT

5 松野ゆい「巨大ヒロイン マシンレディ 」dario's EDIT+miami「白玉ディスコ」

トラブルで小森愛の後半と秋元ともみの前半が映像が出なかったのは残念無念。「廊下は静かに」はラストの血まみれの小森愛の微笑みに全てがあるだけに……。ミリオンガールズは古いのばかりだとなんだからと、最新作をメーカーから借りてきたんですが実はこれ伊基公袁が監督したクリップでした。偶然に二人で笑いました。そして笠木忍の「ハートがまっぷたつ」がTwitterで大評判。知らなかったんですが、最近、ボーカロイドでカバーもされてたんですね。名曲なんですよ。あの歌詞を笠木忍が歌うというところでグッとくるんです。この日流したのは、モノクロにして笠木忍出演作をインサートして、歌詞が更に染みるようにした編集バージョンでした。「マシンレディ」は以前は、カーターUSMを使ってたんですが、アイドルイベントということで、miamiに差し替えて再編集したもの。

その他、VJのネタに使ったのは「チャーム ミントタイム」「おしゃれ」「Do up歌謡テレビ」「OIOI サウンドロフト」「ROCK TV」「歌のトップテン」「MTV」「PILOWS&PLRAYERS DVD」「ギルガメッシュないと」「ドレミノテレビ」「キングコング(1933年版)「七夏、それから」「ボディコンライブ1991」に伊基公袁が持ってきたポッキー投稿ダンス映像集やバニラビーンズやAKBのPV、YouTubeやGoogleMapの映像など。かなりカオティック(笑)。


いや、しかしVJ面白いですね。実は今回の機材は伊基公袁が借りてきたもので、二人とも使い方がよくわからず、リアルタイムに実験しながらやってたのでした。申し訳ない。でも、VJ本格的にやってみたくなりましたよ。
リアルタイムにやっていくとすると今回の二人でもまだ人手が足りない。3人以上のチーム組んでとか面白そうだなぁ。


それにしても「idolpops for Y'all」、素晴らしいイベントでした。DJもVJも(VJが僕ら以外にも二組いるという贅沢さ!)みんな濃い、濃い。そしてお客さんのノリもすごい。今の日本の音楽シーンで最も熱いのはアイドルとアニソンなんだなぁと、改めて実感。どっちも疎い自分が悔しくなりました。

Amazon 【最大70%OFF】ミュージックセール