読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダリブロ 安田理央Blog

フリーライター安田理央のBlogです。

モデルプランツ@池袋LIVE INN ROSA

 モデルプランツ今年初めてのライブでした。たくさんのご来場ありがとうございました!

 いやぁ、数日前から風邪を引いて体調ガタガタで、リハの後から本番まで、他のメンバーが飲みに行ってるのに、僕は一人でマンガ喫茶で体力温存してましたよ。ええ、メンバーはみんな赤い顔なのに、僕だけ青い顔という感じでしたね(笑)。

 さて、本番。今回は「時計じかけのダンスミュージック」からスタート。僕がリズムボックスを演奏していた頃、つまり80年代〜90年代初期の代表曲ですが、生ドラムになってからは封印してました。2004年の20周年記念ライブの時に一度やったくらいかな。以前は僕がリズムボックスソロとかやってました(笑)。ホント、久々にやったけど、テンション上がる曲なんですよね、これ。実はもっとも古い曲で、これが出来たのがモデルプランツの始まりといってもいいんです。
 続いて「よりによってこんなところで」「君がいなくても」と、飛ばします。体調はガタガタではありましたが、ヤケクソのようにがんばりましたよ。暴れましたよ。でも実はこの辺りで体力の限界が訪れていたのは内緒(笑)。後でビデオ見たら、後半明らかに動きが鈍くなってた…。
 阿部さんが珍しく突然MCをはじめて「モデルプランツは今日からパンクバンドになりました!」「おれ色に染めてやる!」とか言ってました。イカスぜ、阿部さん!
 後半は「いい大人」「LOWDOWN」、レゲエ〜ダブっぽいアレンジにした「ワンダーウォール」とややミドルテンポの曲を続けたのは体力的には助かった(笑)。いや、声を振り絞る系の曲もあるのでしんどっちゃしんどいんですけど。そして最後は、いつも通り「そんなつもりじゃないよ」でフィニッシュ!
 さすがに終わった時は死ぬかと思いました、クタクタになって…。でも、この後に出るミンカパノピカとヤング100Vはしっかり見ましたけどね!

 ミンカは本当にいつ見ても楽しそうなステージングでいいなぁ。あんなにみんながニコニコしながら演奏して、客もニコニコしているバンドというのも珍しい。ドラムのモリキリちゃんが少しスリムになってオンナっぽく綺麗になってたのは、以前の素朴な感じが好きだった者としては少し寂しい(笑)。
 ヤング100Vは活動休止前の最後のステージ。ギターの袴田さん、ベースの大地君が欠席で、スギヤマ君がギター、茶谷君がキーボードも兼任、そして元メンバーだった迫君がベースで参加という変則編成。なんと当日一度リハをしただけだというけれど、これはこれで大変かっこよかった。迫君、ベースもいいし、ステージングもイカスなぁ。茶谷君はやっぱりキーボード無しで暴れながら唄って欲しい。いや、あの、真剣な顔しながらキーボード弾く姿もよかったけど。
 前半3バンドは、体調温存のため、ちゃんと見れなくてごめんなさい。モスキートの「面影」という曲がかっこいいなぁと思った。

 ドラムのSACHI-Aさんの知り合いということで、なんと元フリクションのチコ・ヒゲさんが見に来てくれていたのはビックリ!!!! いやぁ、チコ・ヒゲさんといったら、もう僕らに取っては別格のアイドルですよ! なのでミーハーにも、みんなで一緒に写真を撮らせていただきました。わぁ、本物だぁ!!! あの顔のままでかっこよく老けてて感動!

 打ち上げでも、僕は烏龍茶。んで、やっぱり体調がイマイチだったので、早めに引き上げさせてもらいました。すいません。

 そして、えー、今年の電メリ、早くも決まりました。12月8日です(笑)。オールナイトは14日かな? その前に「真夏の電メリ」なんて企画も考えてたりしてます。よろしくです。

 

Amazon 【最大70%OFF】ミュージックセール