読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダリブロ 安田理央Blog

フリーライター安田理央のBlogです。

朝飲みツアー 赤羽・鶯谷・新橋・新宿

食べる・飲む

rioysd2009-12-17
 柳下毅一郎さんと「また朝呑みツアーやろうか」という話になり、どうせならその様子を録画して「No1 in HEAVEN」3号に収録しよう、twitterでも実況しよう、さらにUSTREAMで動画中継しようと盛り上がり、昨日決行いたしました。この師走の時期に(笑)。まぁ、忘年会だと思えばね。

 朝呑みツアーとは去年の10月にもやったんですが、平日の(ここ重要)朝の9時からスタートして飲める店を探しつつ街を移動して夜まで飲み続けるというダメなオトナにのみ許された楽しみなのです。

 前回同様、スタートは赤羽の名店、まるまる家。開店の朝9時に入店。当然、僕らが最初の客なのですが、すぐにどんどん席が埋まっていくのがこの店のすごいところ。
 スタート時のメンバーは、僕と柳下さんに、前回も参加した渋谷のロックバー「Bar Isshee」のマスターいっしー、そしてとみさわ昭仁さんの4人。寒かったので、熱燗と芋焼酎お湯割りから始めました。あー、朝から飲む酒、うめー。なんでこんなに美味いのかなぁ。やっぱり背徳の味なのでしょうか。でも、まるます家のいいところは、朝酒のんでいても、そんなにダメ感を感じないところなんですよね。店も明るくて活気があるし、おばちゃんのグループとかも楽しそうに飲んでたりするし、あんまり後ろめたさを感じずに朝酒、昼酒が楽しめるのですよ。
 つまみは、ウナギ蒲焼と煮込みあたりから。


twitterで実況し、柳下さんがiPhoneUSTREAMで動画配信を始めると、たちまち各所から反応が! 柳下さんが「注文募集!@まるます家」とつぶやけば、たちまち「鰻の肝焼き」「うなぎの頭」「うざく」「ジャン酎をひとり一本」などと返ってくる(笑)。USTREAMの動画配信はどんどん視聴者が増えて行く。その様子を Flip Video minoでハイビジョン撮影! なんというテクノロジーの無駄遣い! いや、なにしろ最初の4人は全員iPhone持ちで3人がFlip Video持ち(笑)。ハイテクヒッピーな酔っぱらい!
 さらに出勤途中の美人OLのN嬢も参加。来るなりいきなりスッポンの生血を飲む(笑)。twitterのTLが「生き血なう」で埋まる(笑)。

 2時間ほど「まるます家」で飲んでから、次の店を探します。もちろんサイバーな僕らですからiPhoneで「昼から飲める店」を検索して調べますよ。いくつか候補があがりましたが、鶯谷の「信濃路」に決定。では店を出て、鶯谷に移動しようかと席を立ったら、カウンターで飲んでいた女性が声をかけてきました。なんとこの近所に住んでる柳下ファンの方で、UST中継を見て「あ、近所だ!」と駆けつけてきたとのこと。じゃあ、ご一緒しましょうかと、そのK嬢を加えて鶯谷へ。
 ところでK嬢、以前は赤羽のキャバレー(キャバクラにあらず)のホステスさんをやってたそうなんですが、まるます家はよく同伴で来たことがあったとか。まるます家にキャバ嬢を連れていける街! すばらしい! まるます家でたまに見かける怪しげなカップルは、ホステスと客だったのか!

 さて、鶯谷信濃路。駅前というか、ホームから看板が見えるほどの近さ。しかし入り口は立ち食いそば屋っぽい感じで、あれ、ここで飲めるの? と思ったら、奥に座敷がありました。ここがまたね、非常にくつろげる座敷でして、大変居心地がいい。いや、別に普通の安居酒屋なんですが、落ち着けるんですよね。つまみも安くて美味しいし、お店のお姉さんの感じもいいし。ダラダラと昼から酒を飲むにはぴったりのいいお店ですな。

何しろくつろげ過ぎて、柳下さん、早くもここで寝落ちしちゃったくらい(笑)。
 ここで、出勤する(!)N嬢と、お店のあるいっしーは離脱。かわりにデッドコピーのタムラ(最近は征露丸Xの木として知られる)とライター仲間の倉田真澄ちゃんが合流。
 ここで何時までも飲んでてもいいくらいだったけれど、それじゃ面白くない。さぁ、次はどこだ? 赤羽、鶯谷と来て、さらに進んで新橋だ。ニュー新橋ビルの地下なら、昼からやってる店がいっぱいあるはずと、調べてみると「ニューニコニコ」という素敵な名前のお店を発見。ここへ向かいます。鶯谷が地元の真澄ちゃんと、夕方から打ち合わせのあるとみさわさんは離脱。

 さて、ニュー新橋ビルの地下というのが、もう昼間っから、飲み屋がいっぱい営業している素敵なエリア。しかも昭和の香り濃厚。中でも目指す「ニューニコニコ」は、また実に昭和テイストむんむんの素晴らしいお店でありました。ここは揚げ物が美味しかったですね。カキフライなんかおかわり、おかわりで結局3皿食べちゃいました。飲み物はここではホッピーがメインで攻めましたね。
 これからオレゴンから来るペンパルを迎えに成田空港へ行くというK嬢がここで離脱して、代わりに八谷和彦さん、さいとうよしこさん、事情で名前を伏せるt●gちゃん、イースト・プレスの高良さんが合流。もう、何がなんだか。
 UST中継の視聴者は150人にもなってます。本当にただの飲み会を映してるだけなのに、みんな何を期待して見てるのか! アメリカの町山智浩さんから電話が入ったり、自己紹介で僕がふざけて「東浩紀です」とか言ってたら本人が見てたり(笑)、大森望さんが「他人の呑み会に妻が参加する現場をust生中継で見ていて原稿が書けない罠」とつぶやいたりして、ええ、これが「新しいリアリティ」ですよ!

 そして、ラストは新宿イカセンターへ。「タモリ倶楽部」で紹介されて以来、大人気の鮮魚専門店。ここは、もともと以前から決まっていた柳下さんと出版系の飲み会だったのですが、僕も混ぜてもらう感じで。カオリン(姉)も到着して、合流。
 といわけで12時間以上飲み続けたという耐久呑み。ええ、楽しゅうございました。この忙しい師走にいいオトナが何をやってんだと、怒られそうですが、こういうバカなことをやってこそ、オトナなのではないかと。あー、楽しかった。
 しかし、途中で飲んだヘパリーゼプラスが効いたのか、あれだけ飲んだのに、ほとんど酒が残ってませんでしたよ。
 というわけで、みなさん、お疲れ様でした!


 

Amazon 【最大70%OFF】ミュージックセール