読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダリブロ 安田理央Blog

フリーライター安田理央のBlogです。

創刊号50冊で振り返るエロ雑誌40年史

お仕事 エロ 雑誌

「創刊号50冊で振り返るエロ雑誌40年史
 ご無沙汰しております。前回のエントリーが7月末だから丸二ヶ月もさぼっちゃいました。こんなにBlogかかなかったの、初めてかもしれないなぁ。特に書かなかった理由というのは無いんですが、こういうのは習慣なので、一度書かなくなるとなかなか腰が上がらなくなっちゃうんですよね。
 ライブだのイベントだのは色々やっていたのですが、その辺はFACEBOOK PAGEの「安田理央の部屋」の方にアップしてました。今後も最新情報などはこちらの方を見ていただけると幸いです。
 ちなみに10月は、12日にネイキッド・ロフトにて、カンパニー松尾バクシーシ山下平野勝之、ゴールドマンを招いて「90年代初頭のAVに何が起こったのか?」を、そして20日にはおなじみ野獣のリリアンで下北沢TREEでLIVE、さらに24日には、新たに結成したファンクバンド、Roswellsの初LIVEがあります。こちらは四谷アウトブレイクにて。さらに28日には渋谷Bar Issheeでの小野島大さん主催のイベント「Bring The Noise!」で久々にDJやります。

 さて、現在発売中のアサヒ芸能にて「創刊号50冊で振り返るエロ雑誌40年史」という12ページの大特集を監修しました。監修といっても、雑誌集めから構成、原稿までほとんど一人で全部やってるんですが(笑)。これはタイトルどおりに、50冊の時代を代表するエロ雑誌の創刊号の表紙を並べて解説したという資料的要素の強い特集です。
 取り上げた雑誌は、Pocketパンチ Oh!、S&Mスナイパー、GORO、映画の友、プレイボーイ日本版、写真時代、ビリー、アクションカメラ、スコラ、写真時代Jr、日本版ペントハウス、スーパー写真塾、ベッピン、ザ・ベストマガジン、クラッシュ、デラべっぴん、夜遊び隊、プレイガール、ウレッコ、すっぴん、ボディプレス、ヘイ! バディー、スクリュー日本版、DOLIVE、ビデオ・ザ・ワールド、アップル通信、ビデオボーイ、ビデパル、ガールフレンズ、ビデオメイトDX、ジャンクショップ、GOKUH、ニャン2倶楽部、クリーム、TOPAZ、BIG4、お尻倶楽部、Vacca、THE TENMEI、SEX DOLLS、ペントハウスjapan、お宝ガールズ、おとこGON!、WAM、ファイヤー、スマートガールズ、TENGU、サルシキ、平口広美のフーゾク魂、ソフト・オン・デマンドDVDの50冊。それからコラムでアサヒ芸能、キングコング、危ない1号、PENTジャパンスペシャルを取り上げています。
 基本的にエポックメイキングとなった雑誌をセレクトしたつもりなのですが、僕のコレクションがベースになっているもので、どうしても偏りが出ちゃってるんですよね。白夜系、英知系がやたらに多いとか、サン出版系が入ってないとか……。解説も全然書きたりなかったので、いつかムックか何かの形でもっと充実した形でまとめられたらいいなと思っております。あと、「ニャン2倶楽部」の創刊は1989年なのに、なぜか1997年にしちゃっているという痛恨のミスもあったりして。ああ、なんで気づかなかったんだろう……。
 あえて創刊号に絞ったのは、エロ雑誌というのは路線変更が多いのが面白いなと思ったからです。これは特集の中のコラムでも書いたんですが、エロ雑誌は売れなければ、さっさと路線を変えちゃうものなんですね。あんまりプライドが無い(笑)。だから歴史の長い雑誌などは、時期によって全くスタイルの違う雑誌になっていたりする。有名な雑誌でも創刊号はまるで別物だったりすることが珍しくないんです。雑誌はつくづく生き物なんだなぁ、と実感します。当時、この辺の雑誌を愛読していた人は、創刊号を見て「へー」って思うこと多いんじゃないですかね。
 ま、とりあえずエロ雑誌の創刊号ばかりをこれだけ一挙に並べた特集というのは前代未聞だと思います。もうすぐに次の号が出ちゃいますので、興味を持った方はぜひ急いでお買い求め下さいませ!
 最近、僕はこんな感じの仕事ばかりしてますね。冗談で名乗った「アダルトメディア研究家」そのものになってきました。でも、エロメディアも「まとめ」の時期を迎えたってことは、何か寂しい気分にもなったりして。

Amazon 【最大70%OFF】ミュージックセール