読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダリブロ 安田理央Blog

フリーライター安田理央のBlogです。

Google Play Musicにもハマる

ネット 音楽

 はい、あれだけApple Music最高!と言っておりましたが、9月からGoogle Play Musicが始まると、今度はそっちを使い倒しておりました。ま、無料期間ですからね。
f:id:rioysd:20151001111430j:plain
 曲数は、Appleが3000万曲に対してGoogleが3500万曲とのこと。この辺の数字となるとあまり比較してもしょうがないですね。結局、自分が聴きたい曲があるかどうか、なので。
 色々聴いてみた結果としては、どっちかにしか無いアルバムってのがチョコチョコありましたね。例えば僕のフェイバリットアーチストであるジャズブッチャーの最愛聴盤である「A Scandal In Bohemia」は、AppleにはなくてGoogleにはある。THE VACCINESはなぜか1stアルバムの「What Did You Expect from The Vaccines?」だけがGoogleには無いけど、Appleには全部あるとか。
 なので、この一ヶ月は基本的にはGoogleを使っていたんですが、検索して無かった時はAppleも調べてみてそっちで聴いたり、なんてこともありました。

 使い勝手としては、Googleに軍配が上がるかなぁ。やっぱりいちいちiTunesを立ち上げないでもWebブラウザから操作できるというのは便利だし楽ですね。iTunesは結構不安定だったりするけど、Google Play Musicはそういうことは無かったですね。
 アーチストのページに飛びやすいのと、Wikipediaとリンクした紹介文があるのも助かります。アーチスト名や曲名などをコピペできるのも便利(Apple Musicはこれが出来ないのが結構マイナス)
今回は使わなかったんですが、自分の持っている音楽ファイルをアップロード、しかも5万曲!もできるというのは、かなり嬉しい機能ですね。
f:id:rioysd:20151001111444j:plain
 Googleの弱点としては、デザインがダサいこと。一番目につくところにある「ピッタリくるものをセレクト!」のアイコンがダサいことこの上なし。Google Play Musicを開く度にうんざりしますね、これは。
 そしてApple Musicで一番気に入っていたレコメンテッド(オススメ)機能も、ちょっと弱いかなぁ。プレイリストはなくて関連曲をかけるラジオがメインになっているんだけど、曲のセレクトにセンスが感じられず(たぶんオートでセレクトしてる)あんまり聴く気がしない。

 データ通信量で見ると、Appleメインの8月が3.25GBでGoogleメインの9月が3.67GBと、そんなに変わらない感じですね。LTE通信は一日1~2時間くらい使ってたわけですが、それでこんなもんだから、特に気にするほどではないですね。むしろたまにYouTubeとかニコ動とか見た時の方が影響が大きい。

 もう定額制音楽ストリーミングサービス無しでは生きていけない身体となってしまったわけなので、有料でどっちを続けるかが悩ましいところです。使い勝手的には今のところGoogleに惹かれてるんですが、Appleにはファミリープランがあるんですよね。妻子もApple musicを愛用してるので家族4人で一ヶ月1,480円というのは超お得。一方、Googleにはファミリープランはないけど、10月18日までに登録すると、その後もずっと月額780円。ううむ、悩ましい。Googleは、もう明日で無料期間が終了。Appleも今月いっぱいで終了。しばらく両方払っちゃおうかしら……。

 参考までに9月中に僕がGoogle Play Musicで聴いたアルバム一覧です。41枚聴きました。無料でこんなに聴かせていただいちゃいました。ありがたい、ありがたい。

Special A.K.A「In The Studio」
The Monkees 「HEAD」
!!!「Strange Weather, Isn't It?」
Jellyfish「Bellybutton」
10cc「10cc」
10cc「Sheet music」
10cc「the Original Soundtrack」
10cc「How Dare You」
CUT COPY「In Ghost Colours」
Hot Chip「Why Make Sense?」
Metronomy「Love Letters」
STONE FOUNDATION「To find the Spirit」
The Fratellis「Costello Music 」
The Fratellis「WE NEED MEDICINE」
The Fratellis「Here We Stand」
Battles「Mirrored」
Battles「Gloss Drop」
Animal Collective「Merriweather Post Pavilion」
Animal Collective「Centipede Hz」
ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA「The Very Best of ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA
ELECTRIC LIGHT ORCHESTRAOut of the Blue
ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA「ElDorado」
KASABIANKASABIAN
THE VACCINES「Come of Age」
THE VACCINES「English Graffiti」
Arcade Fire「The Suburbs」
Arcade Fire「Reflektor」
Marine Girls「Lazy Ways/Beach Party」
Television Personalities「And Don't The Kids Just Love It」
Dislocation Dance「Music Music Music/Slip That Disc!」
Dislocation Dance「Midnight Shift + Singles」
Young Marble Giants「Live At The Hurrah」
LCD Soundsystem「This Is Happening」
Yeasayer「All Hour Cymbals
Battles「La Di Da Di」
Arcade Fire「The Suburbs (Deluxe Edition)」
Disclosure「Settle」
Inspiral Carpets「The Singles」
Happy Mondays「Loads」
Game Theory「Dead Center」
FELT「The Splendour Of Fear」

ついでにApple Musicではこれだけ聴きました。

Manfred Mann「The Very Best of the Fontana Years」
JELLYFISH「Spilt Milk」
「ヒットメーカー:ノーマン・ホイットフィールド
Public Image Ltd「What the World Needs Now」
THE VACCINES「What Did You Expect from The Vaccines?」

いやー、ホント、定額制音楽ストリーミングサービス最高。

Amazon 【最大70%OFF】ミュージックセール