読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダリブロ 安田理央Blog

フリーライター安田理央のBlogです。

くまもとランチBOX(1200円/熊本県/A-0)

駅弁大会

https://www.instagram.com/p/BPWWGgKgCsU/
 黄色い紙ケースには「FOR KUMAMOTO PROJECT」のハートを抱きしめるくまモンのイラスト、そして黒光りするプラスチックの容器にはくまモンの顔がプリントされています。フタを開けると、鶏の照り焼きがゴロリ。その下には牛肉そぼろと錦糸玉子、きんぷらごぼうが敷き詰められています。写真を見ると本来は福岡のかしわめしのように、斜めにグラデーションに並べられているはずなんですが、輸送の途中で揺れてしまったのかグチャグチャになっちゃってましたね(笑)。
 鶏は「大阿蘇どり」、牛は「くまもとあか牛」と「熊本県産黒毛和牛」、そしてご飯は「森のくまさん」使用と、熊本県産の食材にこだわった駅弁となっております。ま、実は製造元の松栄軒は鹿児島の会社なんですけどね(笑)。
 それはともかく、しっかりと甘辛く味付けられた牛肉と、食べごたえのある鶏肉がたっぷりで、ご飯が進む、進む。今年は平成29年にちなんで、肉弁がフィーチャーされてる今大会ですが、意外な伏兵肉弁がここにもいた、という感じですね。
 くまモンの弁当箱も使いでがありそう。

あなごめし弁当(1944円/広島県/D-1)

駅弁大会

https://www.instagram.com/p/BPUQJlnATvh/
 京王駅弁大会には毎回何種類ものあなご弁当が参戦しますが、一番人気はなんといってもこの宮島口駅の「あなごめし弁当」です。午後二時販売で整理券制なのですが、整理券をもらうのにもいつも朝一に大行列。僕はどうも整理券弁当は苦手だし、2千円と高価なこともあって、敬遠しがちなんですよね。食べれば美味しいことはわかってはいるのですが。
 でも、今年は久しぶりに行ってみました。しっかりと朝一で並んで整理券をゲットし、再出撃で午後三時に入手。

 宮島の観光案内も書かれたクラシカルな掛紙が嬉しいですね。昭和11年4月11日に使用された掛紙を復刻しているようです。
 そして経木のフタを開けると、ずらりと並んだあなごの蒲焼き。たくあん、奈良漬、甘酢生姜の漬物以外は、穴子とご飯だけというシンプルさ。それでも、全く物足りなさを感じさせないのは、さすがですね。
 香ばしさといい、あなご自体の美味さといい、ちょっとランクが上という印象。10切れに切られているのも、食べやすくて駅弁にはぴったりです。
 入手に苦労しても、ちょっと高くても、不満が残ることのない名弁ですね。

野菜畑の牛めし(1000円/福島県/D-1)

駅弁大会

https://www.instagram.com/p/BPTtF-1gtw6/
 本日は会場5分前に到着。週末開けの月曜は毎年若干客足が落ちるんですが、今日は結構並んでいた感がありましたね。
 それでもなんとか狙っていた宮島口あなごめしの整理券は並んで無事ゲット。さて、輸送でも、とも思ったのですが、行列がかなり長くなっていたので今日は諦めて、D-1輸送の前から気になっていたこの「野菜畑の牛めし」に決めました。

 ありそうであまりない野菜中心の駅弁。にんじんと椎茸は煮物、ごぼう、れんこんはキンピラ、かぼちゃは素揚げ、いんげんはソテー。さらに玉こんにゃくと大葉みそ。そして、牛肉煮には柚子のトッピング。
 コンパクトながらも華やかな弁面。そしてひとつひとつがしっかりと美味しい野菜。それぞれ調理法も変えてあるので、歯ざわりも味わいもバラエティに富んでいて一口ごとに楽しいのです。本来は主役を張れるくらいに美味しい牛肉(柚子の風味も爽やか!)が、ここでは脇役に回っているといっても過言ではないでしょう。あと玉こん&大葉みそも、ナイスアシストです。あと、食べてる時は気づかなかったんですが、原材料を見ると、ご飯が「塩飯」となってるんですよね。微かに塩味つけてるのかな?
 いや、とにかく野菜が美味い。もっと野菜中心の駅弁が出て来るといいんじゃないかなと思いました。
 現時点では本年度ナンバーワン候補です、これ。

峠の釜めし (1000円/群馬県/D-1)

駅弁大会

https://www.instagram.com/p/BPRQ_7Sgj_z/
 土曜日一日休んで、日曜出撃。さすがの大混雑で、最初は輸送を狙うつもりでしたが、列が6階まで伸びていたので断念。他の駅弁も行列ばかりで、どうしようかと思ったら、タイミングよく「峠の釜めし」があまり並ばずに買えました。ラッキー!
 さて横川の峠の釜めし。今さら何も言うことのない超人気駅弁であります。そして食べればその人気も納得なんですよ。やっぱり長い間人気のある駅弁というのは、ちゃんと美味しいんですよ。
 鶏肉、筍、ごぼう、栗の甘露煮、うずらの玉子、椎茸、そして名アクセントのアンズとグリンピースと酢漬け生姜。さらに別容器に漬物や梅干し、わさび漬け。この豊富にして絶妙な組み合わせ。どれが欠けても「峠の釜めし」にならないという黄金のラインナップなんですよね。
 つい安心しちゃって毎回は買わないんですけど、食べる度に「やっぱりこれだよなー」としみじみ感動してしまう安定の美味さ。
 問題は、捨てるに捨てられずに溜まってしまう釜ですかね(笑)。これでご飯を炊くと美味しいそうだけどねー(何回か炊くと割れるという説も)。

ちなみに過去の峠の釜めしレビューはこちら。
rioysd.hateblo.jp
rioysd.hateblo.jp

トマトごはんとザンギ弁当(1080円/北海道/A-0)

駅弁大会

https://www.instagram.com/p/BPMj807gWMZ/
今回のチラシを見て、一番気になっていたのが、これ。トマトごはんもザンギも、駅弁としては珍しい食材じゃないですか。いったいどんな駅弁なんだろうと興味が膨らんでいました。
 初日は一時間ほどで完売していたなど、人気も上々。こりゃ入手困難弁かと思い、本日は開場と同時に輸送コーナーの列に並んだこともあって、なんとかゲットできました。
 さて、あまり聞きなれないトマトごはんの正体は具なしのケチャップご飯。ま、ちょっと拍子抜けですが、これはこれで冷えても美味しいご飯ですね。
 そしてメインのザンギ。これを「鶏の唐揚げでしょ?」というと、北海道の人には怒られます(笑)。その違いは、正直僕にはよくわからないんですが、とりあえず北海道出身者にも「これはザンギ」と認められているみたいなので、立派なザンギのようです。
 そのザンギも半分は「羅臼産塩」味、もう半分は「半熟タルタル」がかけられていて、飽きないで食べ進められます。いや、この弁当、ザンギの量がかなりあるんですよね。んで、(冷えてるせいもあるけど)噛みごたえもあるので、ボリューム感がすごくて、一種類の味だったら、飽きちゃったかもしれないです。ちゃんと考えられてますね。
 付け合せはポテトサラダと卵焼きと漬物とシンプル。とにかくザンギを楽しむ弁当というわけですね。
 これもビールのつまみには最適ではないでしょうか。

海苔のり牛めし(1150円/福島県/B-5)

駅弁大会

https://www.instagram.com/p/BPMDu80gM7d/

 昨年のマイベスト駅弁2位に選んだ「海苔のりべん」の姉妹編ともいうべき新作です。そばつゆで炒りつけたおかかと海苔、そして付け合せはそのままに、甘辛く煮付けた牛肉と牛そぼろをプラス。ボリューム的にもグッとパワーアップしています。
 牛肉は柔らかくてこってりとした味わい。そぼろもたっぷり。味付けが濃いめなので、ご飯が進む進む。美味しくて、あっという間に食べ終わってしまう感じです。
 ただ、昨年、「海苔のりべん」を食べた時に感じた「ちゃんと作ったのり弁って、こんなに美味いんだ! これなら950円高くない!」という感動は無いわけですよ。美味しいけど、まぁ、よくある牛肉弁。どうしても海苔とおかかが牛肉に負けちゃうし。
 というわけで、ちゃんと美味しい駅弁なんですけど、個人的にはまず「海苔のりべん」の方を食べて欲しいなぁと思いましたね。

から揚げ鶏めし弁当(650円/秋田県/C-3)

駅弁大会

https://www.instagram.com/p/BPKCfukgYrV/
 いつもは一日一弁を基本にしているんですが、今日は肉敷きローストビーフ弁当の他にもうひとつくらい買いたい。なぜかというと京王のキャンペーンで、京王モバイル会員特典で、会場で合計税込2000円以上買うと、そのレシートで先着2000名に「駅弁大会クールバック」をプレゼントしてくれるからなのです。肉敷きローストビーフ弁当は1480円。あと520円以上、何か買いたい。「うまいもの」の方で600円くらいの品を買うことも考えたのですが、いやいや、いいのがあるじゃないですか。秋田県の「から揚げ鶏めし弁当」ですよ! 本当はチラシに掲載されている「鶏めし弁当」880円にしようと思って並んだんですが、ブースを見ると、「から揚げ鶏めし弁当」も売ってるじゃないですか。これは昨年、コストパフォーマンスの高さに感動した駅弁なんですよね。なんと650円! いかめし並ですよ!
 鶏の煮汁で炊き上げた鶏めしと鶏の唐揚げ、それに筍の漬物(ネギ塩風味!)と柴漬けというシンプルにして鉄壁の布陣。唐揚げも柚子胡椒味の骨付き手羽と、甘辛ダレ+白髪ネギをトッピングした唐揚げという二種類。これで650円というから驚かされますね。これはビールに合いますよ。ただでさえ唐揚げはビールのベストパートナーだし、鶏めしも十分ツマミになるのですから、もうこれは最高のつまみ弁と言っても過言ではないでしょう。これと缶ビールで1000円以内という無敵タッグですね。

 さて、「肉敷きローストビーフ弁当」1480円に「から揚げ鶏めし弁当」650円で合計2130円。京王メルマガのクーポンとこの二枚のレシートをもって8階の特設会場へ。無事、駅弁大会クールバックをゲットいたしました。
赤、緑、ピンク、黒と四色あるのですが、僕は赤にしました。フタの部分に「第52回 元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」のロゴマーク入り。ジッパーもちゃんとダブルジッパーですよ。「から揚げ鶏めし弁当」のような細長タイプの駅弁なら、ちゃんと入ります。うん、これは使えそうだ。みなさんもぜひゲットして下さい!
https://www.instagram.com/p/BPJhLtMA1k8/
 さらに京王アプリでもらえる駅弁大会特製付箋や、駅弁スタンプラリーなんかも忘れないでチェックしておいて欲しいですね。

Amazon 【最大70%OFF】ミュージックセール