読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダリブロ 安田理央Blog

フリーライター安田理央のBlogです。

フェチフェス06出展します!

今度の日曜日、7月5日のフェチフェス06に参加します。

www.fetifes.com

開催時間:13時~19時
入場料:¥3,000
開催会場:千駄ヶ谷スタジオPスタジオ
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-16-3シルヴァキングダムビル

今までは「おしどり」というチームで参加していましたが、今回のブースは安田理央・安田三号」。そうです、安田三号との父娘合同ブース。親子での参加はフェチフェス初!だそうです。そりゃ、そうだ(笑)。

安田三号は、このために制作した「駅弁擬人化ポストカード」を販売。牛肉どまん中ちゃん、ひっぱりだこ飯、シウマイ弁当、いかめしなどをキャラ化したイラストのポストカードです。
一応言っておきますが、僕の趣味を押し付けたんじゃないですからね! 駅弁の解説コピーは僕が書きましたが(笑)。
https://instagram.com/p/4lfiI6jW34/

そして僕の方は、孤高のAVメーカー・マリオンのオリジナルDVDマガジン「少年マリオン 創刊準備号」を販売します。
これは、マリオンの作品を僕がリミックスしたという感じのDVDマガジンですね。
みならい監督デザインによるジャケットもカッコイイ!
f:id:rioysd:20150702192658j:plain
かなり内容は充実してますよ。

「淫らな単語 舞川綾夏」夢野あいだ
f:id:rioysd:20150702192725j:plain

「M男監禁パニック・ルーム4 水嶋あい・真咲南朋」真咲南朋
f:id:rioysd:20150702192735j:plain

「細身短髪美少女のデカ尻がエロ過ぎて(;´Д`) 湊莉久」宮本小次郎
f:id:rioysd:20150702192746j:plain

「女装美少年37 美音」二村ヒトシ
f:id:rioysd:20150702192754j:plain

「クンニ地獄 死ぬほど舐められ続けた女たち」小林電人
f:id:rioysd:20150702192802j:plain

「可愛い顔してデカ尻!! 上原亜衣」宮本小次郎
f:id:rioysd:20150702192812j:plain

「セルフパイ舐め」(大堀香奈 弓束ちはや 堀北七海 枢木みかん 塚山詩織 松下美雪 野宮さとみ 綾瀬みなみ 原千草 仁科百華 伊沢美春)宮本小次郎 
f:id:rioysd:20150702192831j:plain

「M男監禁パニック・ルーム川上ゆう・真咲南朋」真咲南朋
f:id:rioysd:20150702192838j:plain

「腰振りBITCH 上原花恋」夢野あいだ
f:id:rioysd:20150702192846j:plain

編集・構成:安田理央

はっきり言って、まともなセックスは一切登場いたしません!
でもエロいとは思いますよ!
当日限定50枚 45分収録 300円!

それから、おなじみ「安田理央のよくわかるアダルトメディア史」も販売します。
https://instagram.com/p/vvGDCGDW_L/

ぜひ覗いてやって下さい!

3階の3F-Oです。

定額音楽配信サービスの楽しみ方と問題点

 前回のエントリーでも書きましたが、定額音楽配信サービスのAWAにハマっております。そのすぐ後にLINE MUSICも始まって、そちらも試したんですが、僕の好きなジャンルの音楽は、どうもAWAの方が強そうなんですね。一応、現時点ではAWAが100万曲、LINE MUSICが150万曲とLINE MUSICの方が曲数は多いはずなんですが、まぁ、自分が聴かない曲がいくらあっても関係ないですからね。

 なにしろAWAは、FOUR SEASONSのオリジナル・アルバムが、ほぼ揃ってるんですよ!
f:id:rioysd:20150620134333p:plain
 実は映画「ジャージー・ボーイズ」見てから、急に聴きだしたという超新参者なんですが、いやぁ、FOUR SEASONSってのは、実に情報が少ない。FOUR SEASONSについてまとまった情報というのは、レコード・コレクターズ1992年3月号4月号の特集(しかも第二特集でした)くらいしかなかったんですよ。なんとかこれも古書店回って入手して読み倒していたんですが、そこに決定版ともいうべき本が登場。それが「フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズのすべて」
(斎藤充正・著 スペースシャワーブック・刊)であります。
https://instagram.com/p/3vdY6ZDW6h/

続きを読む

定額制音楽配信サービス「AWA」を試す

 最近、何かと話題の定額音楽配信サービス。エイベックスとサイバーエージェントが組んだ国産サービスの「AWA」が5月27日にスタート。3ヶ月無料で利用できるというので、さっそく試してみました。awa.fm

 数年前はNapsterを利用してましたが5年保たずにサービス終了。SONYのMusic Unlimitedも様子見してるうちにあっさり終わってしまい、Spotifyと提携したという新サービスのPlayStation Music待ちかなぁ、なんて思っていたところで、AWAはノーチェックだったんですが、フル機能使えて3ヶ月無料と言われると、とりあえず試してみようという気になりますよね。
 現在はスマホアプリのみの対応。僕はiPhoneユーザーなのでApp Storeから「AWA」のアプリをダウンロード。
 アプリをインストールすると面倒な登録無しでいきなり使えるのは、ちょっと驚きました。ま、いちおうアカウントは作っておいた方が色々便利かと思ったので、Twitterアカウントを登録。他にFacebookのアカウントや、メールアドレスでの登録も可能です。
f:id:rioysd:20150603150509j:plain

続きを読む

漫画の中の安田理央

 先週、今週のSPA!清野とおるさんの「ゴハンスキー」にパリッコが登場してて、大変羨ましかった。漫画好きにとっては、漫画の中に登場するのは夢であり、最高の喜びであるからです。
 というわけで、今まで漫画の中に登場したり、漫画家さんに描いてもらった「安田理央」をまとめてみました。


f:id:rioysd:20150520111908j:plain
 たぶんいちばん古いのは、これではないかな。1996年に「ガロ」の卯月妙子さんのルポ漫画に登場してます。王様ゲームの中で卯月さんの声でオナニーをするという命令を下された時の僕です。

続きを読む

100万アクセス突破しました

 どうやら一昨日あたりにこの「ダリブロ」が100万アクセスを突破したようです。こんなに更新にムラのあるブログなのに、ありがたいことです。

 そもそも僕がブログをはじめたのは、2001年の3月で「安田理央の恥ずかしいコラム」というタイトルでした。最初の2ヶ月は「さるさる日記」というサービスを使っていたのですが、サイト管理者から、「当サイトの利用規約の禁止行為に触れる内容」だといわれて突然削除され、慌てて「日記鯖」に移動。2004年7月からは「はてなダイヤリー」で「安田理央の恥ずかしいBlog」のタイトルで9年間続けました。
 現在のはてなブログで「ダリブロ」になったのは2013年3月。つまり2年ちょっとで100万アクセスということですね。

 調べてみると「安田理央の恥ずかしいBlog」が100万アクセスに達したのは3年目くらいなので、少しペースが上がってますね。これは、「恥ずかしいBlog」時代のエントリーも引き継いでいるので、そっちに検索で引っかかって来る方が多いからでしょう。
 ちなみに検索アクセス数が多いのは「10万円ソープに行ってまいりました」「春原未来のこと、そして日本のAV女優の進化について考えたこと」「ラブドールを抱きに秋葉原へ」の3つのエントリーで、これはずっとトップ3ですね。「10万円ソープ」と「ラブドール」なんて9年前に書いたエントリーですよ。どちらの店も、もう現存しておりません。

 TwitterFacebookを始めてからは、そっちにチョコチョコ書くようになっちゃって、ブログの方も更新はムラが出ちゃっているのですが、とりあえずどうしてもまとまった文章で書きたいことがあったりするとブログに書くという感じになっています。告知に関してはFacebookページの「安田理央の近況」の方に書いているので、こちらを見ていただけると嬉しいです。

 しかし、のべ14年ですか。21世紀と共にこのブログは歩んで来たんだなぁ。いつまで続くのかわかりませんが、今後ともどうかよろしくお願いいたします。

【今月の自腹で買ったAV】花と狼 川上ゆう(アタッカーズ)

AV

https://instagram.com/p/2h-xP8jW-G/

 団鬼六原作の映像作品には、いつも不満でした。映画やVシネマは数多く作られ、そのいくつかはヒットしていますが、どれも原作とはかけ離れたアレンジがなされたものばかり。杉本彩版の「花と蛇」なんて、登場人物の名前以外何一つ原作と関係ないじゃないですか!
 なので、団鬼六ファンとしては、いつも映像作品を見ては落胆するという繰り返しでした。
 しかし、アタッカーズで「花と狼」をAV化すると聞いた時は、「おおっ?」と思いましたね。何しろ主演が川上ゆうだというじゃありませんか。以前から僕は団鬼六作品のヒロインを演じるなら川上ゆうしかありえないのではないかと思っていたんですね。
 しかも作品が「花と狼」。実は、僕が一番最初に読んだ団鬼六作品が「花と狼」の桃園書房から発売された単行本なのです。これを古本屋で立ち読みした時には、痺れるようなショックを受けましたね。これは短篇集で、僕が一番好きなのは美人教師と可憐な女子生徒がズベ公たちにリンチされる「肉の復讐」ですが、もちろん表題作も大好きでした。

続きを読む

Rollbahnスリムメタリックでリングノートに目覚める

https://instagram.com/p/2hj3a3DW4K/

もともと手帳やノートやメモ帳は大好きなのですが、できるだけ持ち歩く物は減らしたいなと思って、数年前からiPhoneですべてを済ますようにしました。iPhone「薄いメモ帳 abrAsu」の組み合わせに行き着いたんですが、最終的にはそれも止めて、iPhoneのみにしました。「薄いメモ帳」はPASMO入れとしても使っていたので、iPhoneのケースを手帳型のcheero Leather Case Washed Leatherにして、こっちにPASMOを入れるようにしました。
 ちょっとしたメモは、iPhoneの「Simplenote」「SpeedMemo」「PostEver」と言ったアプリを使うようにしました。下手に手書きするよりも、フリック入力の方が早かったりもしますしね。
 それでも、やっぱり文房具は好きなので、文具屋さんやハンズやロフトの文具コーナーはよく見ていたのです。

 そこで発見したのが、デルフォニックスRollbahnスリムのメタリック。なにこれ、ピカピカ光っててカッコイイ! と、シルバーメタリックの表紙にひと目惚れして、とりあえず購入してみました。410円ナリ。

続きを読む
Amazon 【最大70%OFF】ミュージックセール