読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダリブロ 安田理央Blog

フリーライター安田理央のBlogです。

8年前の記事に追記してみました

告知 風俗

 先日、前Blogの「安田理央の恥ずかしいBlog」の全コンテンツをこっちの新Blogに移動させました。と、なると「ダリブロ」自体は3月17日にスタートして、まだ一ヶ月も経ってないのですが、コンテンツとしては2004年4月からの9年分を有していることになるのですね。
 そしてアクセス解析を見てみると、最新更新分を除けば、一番アクセスされているのが2005年1月6日に書いた「10万円ソープに行ってまいりました」というエントリー。8年も前の記事なのに、ずーっと人気あるんですよね。みんな好きなんだなぁ(笑)。
 これを書いた時には、

 ここでは以降の細かいサービス描写は省略しますね。その辺は「ヴァッカ」(バウハウス刊)で連載中のコラム「風俗自腹主義」で書く予定です。興味のある方はご覧下さいませ(笑)。

 とサービス描写を省略してたんですが、もうその「ヴァッカ」の記事を読むことも出来ないわけなので、今回こっそりとその原稿からサービス描写を追加しておきました。

 あ、ちなみにこの「ヴァッカ」で連載していたコラムは「自腹でゴー! 東京風俗日記」としてKindleなどの電子書籍にまとめられておりますので、興味がある方はぜひお読み下さいませ。

 この頃は僕もバリバリの風俗ライターとして取材しまくり、遊びまくりでした。しかし、この年の終わりには、風俗ライターの看板を下ろしています。この2年前から風俗店の摘発が激化し、都内の風俗店はほぼ壊滅。90年代から続いた平成風俗ブームは終焉を迎え、風俗関係の仕事も激減していたんですね。僕もすっかり風俗に魅力を感じなくなり、これ以降はプライベートでも、すっかり足を運ぶことがなくなってしまいました。いや、あんなに公私共に風俗漬けだったのに、自分でもびっくりしましたね。

 そして、この記事で行った10万円ソープ「D」も数年前に激安ソープにリニューアルしたそうですし、「風俗自腹主義」を連載していた雑誌「ヴァッカ」も、とっくに休刊しています。
 8年間という時の流れを思うと、なんかしみじみしちゃいますねぇ。

Amazon 【最大70%OFF】ミュージックセール