読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダリブロ 安田理央Blog

フリーライター安田理央のBlogです。

続おやじびでお 第14話 官能小説こそエロの王道

原稿アーカイブ エロ

 動画じゃなくっちゃ抜けない! だからDVDが付いてないエロ本じゃダメ! というのが最近のズリネタの常識なのでしょうか。紙派には、肩身の狭い世の中です。
 でも私は動画よりも静止画派。AVで抜くことよりも、写真や漫画、そして小説で抜くことの方が多いのです。

 特に好きなのがSM小説。私がオナニーざかりの中学高校時代にあたる80年代前半は、SM雑誌の全盛期。「SMセレクト」*1や「SMスナイパー」*2をはじめとして二十誌以上のSM雑誌が刊行されていたのです。
f:id:rioysd:20150203192045j:plain
SMセレクト創刊号
f:id:rioysd:20150203192101j:plain
SMスナイパー創刊号


 さらに85年には、あのフランス書院文庫が誕生します。当初はその名前の通りに海外の翻訳ポルノ小説を出していたフランス書院文庫ですが、次第に国内作家の作品にシフト。しかも蘭光生*3などのそれまでSM誌に書いていた作家をメインにしていきました。
 このフランス書院文庫が毎月数十万部を売り上げるという大ヒットになり、マドンナメイト文庫、グリーンドア文庫なども参入し、官能小説は黄金時代を迎えることになります。
 そして前述のように、これらの小説の大半がSMや凌辱色の強いもの。ちょうどこの頃、団鬼六*4の代表作「花と蛇」が角川文庫に収録されるなど、SM小説にスポットライトが当たる時代でもありました。
 もともと永井豪のエッチ漫画でSMっぽいテイストが刷り込まれていた私は、フランス書院文庫にどっぷりハマってしまったのでした。
f:id:rioysd:20150203192903j:plain
フランス書院文庫「肉牢」蘭光生


 特にお気に入りは、当時のフランス書院のエースである凌辱王・蘭光生に、羞恥責めの巨匠・杉村春也*5、ひたすら肛虐にこだわる結城彩雨*6など。あの黒い背表紙の文庫本を買いまくりました。場所をとらないサイズってのもよかったなぁ、のフランス書院文庫

 90年代に入るとパソコン通信を介して、フェティッシュSMの旗手である館淳一さん*7睦月影郎さん*8、藍川京さんなどとも知り合い、彼らが結成した「官能倶楽部」というグループに、エロライターとして参加させてもらい、一緒に同人誌を作ったりもしました。読んでオナニーしてた小説の作者とお付き合いさせてもらうようになるとは、人生ってわからなものですね。
f:id:rioysd:20150203193007j:plain
官能倶楽部の同人誌「日曜官能家」

 そんな風にして、私にとっては官能小説は身近なものであり、重要なオナニーネタだったのですが、ふと気がつくと小説を「使って」いる人は少数派になっていたのですね。
 02年には出版社の倒産によりグリーンドア文庫が消滅し、官能文庫の勢いは激減。80年代にあれだけあったSM雑誌もほぼ壊滅。官能小説誌も、縮小の一途という状態に。

 ところで、今のエロメディアのユーザーってかなり年齢層が高いんですよ。AVで30代前半から40代、エロ雑誌で40代以上というのが主なユーザー。これが官能小説となると、50代から60代だというんですね。しかも若い新規の読者が増えることもほとんどないので、どんどん年齢が高くなっていくそうなのです。もう少したつと、70代以上が主な読者ということになりそう。うーん、読んでも勃つのでしょうか……。
 まぁ、そんな高年齢化が進んでいる状況なので、官能小説も売れるジャンルがどんどん変わっているのですね。
 かつてのようなSM・凌辱系はあまり売れなくなってきていて、代わりに元気がいいのは、年上の女性が誘惑するというような内容のもの。この辺はAVでも熟女物に人気があるということとリンクしてますね。でも、まぁ、読者の年齢層からすると、30代40代の熟女でも、全然年下ってことになっちゃうんですけどね(笑)。
 ただ誘惑する熟女といっても、痴女っぽいのはダメなんだそうです。もっとソフトな感じ。田舎を舞台にしたものも人気があるというから、言ってみれば癒し系。確かにSM・凌辱物ってギトギトしてますから、読むだけでもエネルギーがいりますよね。お年を召した方には、ちょっと濃厚すぎるのかもしれないですね。

 でも、面白いのが、最近は携帯電話用の電子書籍でも官能小説が売れているんですが、そっちでは凌辱系が強いというのですよ。これはどうもOLなどの女性層が読んでるらしいんですね。女性が、女性を凌辱する小説を好んで読んでるってのは、女性人権団体が聞いたら複雑な顔をすると思うんですが、オナニーの時は自分がレイプされたり痴漢されたりするところを想像するなんて話はよく聞きますし、やっぱりM性が強いんでしょうね。

 というわけで、高年齢男性が癒し系を、女性が凌辱系を好んで読んでいるというのが、現在の官能小説状況なわけですよ。私と同世代の人たち、すっかり読まなくなっちゃったのかなぁ。あの頃、みんなフランス書院文庫読んでたと思うんだけどなぁ。どうですか、たまには懐かしい気持ちになって官能小説を読んでみるのは?

 という私も最近は、ネットでアマチュアの人が書いた官能小説を愛読することが多いんですが、これのいいところは、自分で好きなように書きかえることが出来るところ。ワープロソフトやテキストエディタでヒロインの名前を一括変換してみたり(アイドルの名前にしたりすると萌えます。テキスト版アイコラ?)、自分のツボの台詞を書き加えたりとオリジナル用にチューンナップすることも簡単。
 んで、それを携帯電話とかiPhoneとかに入れておくんですね。これでどこでも官能小説が楽しめます! 電車の中で読んでても、まずバレない! 私なんか風俗に遊びに行く前などは、向かう電車の中でこっそり読んで気分を高めたりしてます。こっそり勃起したりしてます。危ない人です。
 こういうことは、他のエロメディアじゃできません。官能小説サイコー。

TENGU(ジーオーティー)2011年5月号掲載。最近は官能小説を読んでいる高年齢層はネットに逃げないということで、相対的に安定しているという傾向も……。


「特選小説」(綜合図書
健在の老舗官能小説誌 僕も「さる業界の女たち」という半実話小説を、もう10年以上連載しています。

*1:70年創刊のSM専門誌。以降のSM誌のスタイルを決定づけ、全盛期は15万部も発行されたが90年に休刊。発行元の東京三世社も昨年に自主廃業した。

*2:79年にミリオン出版(のちワイレア出版)から創刊されたSM専門誌。それまでのSM誌のイメージから脱却したモダンなビジュアルと強いサブカル色で一世を風靡した。09年休刊。

*3:80年代の官能小説をリードした凌辱の巨匠。SF作家・式貴士は同一人物。91年没。

*4:60年代に大長編「花と蛇」で日本のSM小説の基礎を築いた巨匠。映画化も多い。2011年没。

*5:ひたすらヒロインを羞恥責めにかける作風で人気。まいなぁぼおい画による「景子先生」シリーズの原作でも有名。

*6:とにかくほとんどの作品が人妻が肛門を責められるだけという徹底した作風で熱狂的なファンを持つ。大作「狙われた媚肉」は最狂かつ最凶の官能小説。

*7:完成度の高いストーリーとフェティッシュな作風でカルト的な人気を誇るSM作家。なぜか筆者の事務所に所属していた。

*8:年間30冊以上、著作が発売される超多作な人気官能作家。絶賛発売中のムック「睦月影郎読本」は筆者の編集。よろしく。

Amazon 【最大70%OFF】ミュージックセール